村上龍『ピアッシング』

現代文学100字レビュー

作品情報

村上龍『ピアッシング』の表紙画像
タイトル
ピアッシング
かな
ぴあっしんぐ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
ピアッシング
評価
★★★★☆
レビュー
殺人衝動をもつ男と自殺志願の女。トラウマに決定的に支配されている人物を、徹底的な心理描写で浮き出している。これは心理学者の観察眼だ。想像が恐怖だ、実際になされてしまえば恐怖は消える、という自罰的長編。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント