坂本龍一/村上龍『モニカ ― 音楽家の夢・小説家の物語

現代文学100字レビュー

作品情報

坂本龍一/村上龍『モニカ』の表紙画像
タイトル
モニカ
かな
もにか
副題
音楽家の夢・小説家の物語
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
モニカ / 32頭の象 / 燃え上がる都市 (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
坂本龍一の夢をモチーフにして村上龍が小説を書いている。まさに「それ自体小規模な文学」となっている夢のメモが面白い。夢と同質に抽象的な存在であるモニカの物語は終わりに至っていない。夢がそうであるように。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント