村上龍『はじめての夜 二度目の夜 最後の夜 ― 料理小説

現代文学100字レビュー

作品情報

村上龍『はじめての夜 二度目の夜 最後の夜』の表紙画像
タイトル
はじめての夜 二度目の夜 最後の夜
かな
はじめてのよるにどめのよるさいごのよる
副題
料理小説
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
はじめての夜 / 二度目の夜 / 最後の夜
評価
★★★☆☆
レビュー
「おいしいと思うレストランはいくつもある、だけど、『すごい』と思う料理が出てくるのはハウステンボスの『エリタージュ』だけだよ」初恋の人と再会、食事をするが料理が主役。「味」はいろんなものを呼び起こす。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント