村上龍『ストレンジ・デイズ』

現代文学100字レビュー

作品情報

村上龍『ストレンジ・デイズ』の表紙画像
タイトル
ストレンジ・デイズ
かな
すとれんじでいず
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
『ストレンジ・デイズ』ドアーズ / 『ホワイト・ライト・ホワイト・ヒート』ヴェルヴェット・アンダーグラウンド / 『ヴードゥー・チャイルド』ジミ・ヘンドリックス (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
自分の中に巣食う怪物を幻視する男がコンビニで女と出会う。彼女はトラックドライバーで、天才的な演技力の持ち主で、血管に虫を飼っていた。「ロールプレイ」で数種の人格を演じるのは基本人格を守るためだろうか。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント