村上龍/ジョン・タムラ『寂しい国の殺人』

現代文学100字レビュー

作品情報

村上龍/ジョン・タムラ『寂しい国の殺人』の表紙画像
タイトル
寂しい国の殺人
かな
さびしいくにのさつじん
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
寂しい国の殺人
評価
★★★☆☆
レビュー
近代化の終わった日本で何が起こっているのか。神戸のあの殺人事件を受けて分析する子供たちの今。フォトショップで作った画像の写真集ともなっている。般若の面にオーバーラップする少女の裸体など、こっちも刺激。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント