村上龍/ダ・ヴィンチ編集部『憂鬱な希望としてのインターネット』

現代文学100字レビュー

作品情報

村上龍/ダ・ヴィンチ編集部『憂鬱な希望としてのインターネット』の表紙画像
タイトル
憂鬱な希望としてのインターネット
かな
ゆううつなきぼうとしてのいんたーねっと
著者
  • 村上龍
  • 編:ダ・ヴィンチ編集部
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
第一章 表現者としてのインターネット / 第二章 『tokyoDECADENCE』が創造する村上龍ワールド / 第三章 『tokyoDECADENCE』の軌跡 (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
自身のサイト『tokyo DECADENCE』を開設するに至る動機、背景などを語る。著作というよりはファン本。Shockwaveを使った見せ方の試行錯誤ぶりは、コミュニケーションというものを表現し続ける著者の現在地ではある。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント