村上龍『ワイン一杯だけの真実』

現代文学100字レビュー

作品情報

村上龍『ワイン一杯だけの真実』の表紙画像
タイトル
ワイン一杯だけの真実
かな
わいんいっぱいだけのしんじつ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
オーパス・ワン / シャトー・マルゴー / ラ・ターシュ (ほか)
評価
★★★★★
レビュー
ワインをめぐる短編集。関係に飢えるあまりみな少しずつ心を壊してゆく。その導火線としてあるいは最後の一線としての極上ワイン。ブルジョワが鼻につく話だったら嫌だなと敬遠してたのだがいらぬ世話でした。傑作。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント