村上龍『誰にでもできる恋愛』

現代文学100字レビュー

作品情報

村上龍『誰にでもできる恋愛』の表紙画像
タイトル
誰にでもできる恋愛
かな
だれにでもできるれんあい
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
本当の恋愛ができる人間の資格 / 結婚がうらやましくない時代 / 自立してない人間に恋愛はできない (ほか)
評価
★★☆☆☆
レビュー
「誰にでもできる恋愛なんてない」というエッセイ集。突如経済話になったりしながら、この時代に努力しない人間をくっきり見捨てる恋愛指南。新階級社会。もう男には何も期待していないんでしょうね。「消耗品」的。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント