村上龍『ダメな女』

現代文学100字レビュー

作品情報

村上龍『ダメな女』の表紙画像
タイトル
ダメな女
かな
だめなおんな
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
ベストの自己紹介法なんてない。だからこそ、それをできるだけ考えなければいけないんじゃないかな。 / 他人に出会えない女は悲しい。そのことを安易にコンパで解決するのは悲しいうえにさもしいようにも思える。 / 人生は、取り返しのつかないことの連続だからこそ、自分の好きなことを完遂すべきだと思う。 (ほか)
評価
★☆☆☆☆
レビュー
この手の龍エッセイ読むたびに後悔するんだけど。コンパにブランド買い漁りだとか、ダメなら放っておいてはどうか。かつ「今、南フランスのカシスという小リゾートにいる。」という類の書き出しはダメだと思うのよ。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント