村上龍『どこにでもある場所とどこにもいないわたし』

現代文学100字レビュー

作品情報

村上龍『どこにでもある場所とどこにもいないわたし』の表紙画像
タイトル
どこにでもある場所とどこにもいないわたし
かな
どこにでもあるばしょとどこにもいないわたし
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
コンビニ / 居酒屋 / 公園 (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
「普通の人は、一生こういうワインは飲めない」なんて小説中に書けるのは龍くらいなもの。それでも希望を描きたいという著者の想いはちゃんと表れてるし、揺さぶられて海外に希望を見出せる人もいるかもしれないね。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント