西原理恵子『怒濤の虫』

現代文学100字レビュー

作品情報

西原理恵子『怒濤の虫』の表紙画像
タイトル
怒濤の虫
かな
どとうのむし
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
怒涛の虫 / 怒涛の漫画
評価
★★★☆☆
レビュー
初のエッセイ集。いきなりモザイクノンの話題で始まるが、全体的にはおとなしめ。というより「活字」に不慣れで思わず「地の可愛らしさ」を出してしまったという感じか。鑑賞植物を愛でたり、女子的感傷があったり。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント