椎名誠『ごんごんと風にころがる雲をみた。』

現代文学100字レビュー

作品情報

椎名誠『ごんごんと風にころがる雲をみた。』の表紙画像
タイトル
ごんごんと風にころがる雲をみた。
かな
ごんごんとかぜにころがるくもをみた
著者
NDC
915 文学>日本文学>日記 書簡 紀行
目次
西域は幻の女のようなもの / マゼラン海峡のタンポポの丘 / フォークランドのシャケはらこめし (ほか)
所要
2時間
評価
★★★☆☆
レビュー
世界あちこち旅模様。他の本にまとまった紀行文のアウトテイクという内容なので、それらを読んでる人には既視感だけど、「辺境」が多いので新鮮な風物ではある。ほか映画、監督作品でのエピソードがまとまっている。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント