桜井亜美『イノセントワールド』

現代文学100字レビュー

作品情報

桜井亜美『イノセントワールド』の表紙画像
タイトル
イノセントワールド
かな
いのせんとわーるど
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
イノセント ワールド
評価
★★★★☆
レビュー
現代を放浪する女子高生のもろくしたたかな日常。知的障害をもつ兄との近親相姦、売春、レイプと暗い性の展覧会だ。当時、現役女子高生が書いた作品だという噂もあった。そう考えればうまい。販売戦略的にもうまい。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント