桜井亜美『ファイナル・ブルー ― 永遠

現代文学100字レビュー

作品情報

桜井亜美『ファイナル・ブルー』の表紙画像
タイトル
ファイナル・ブルー
かな
ふぁいなるぶるー
副題
永遠
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
Night flight / Moegi / Satan's seal (ほか)
評価
★★☆☆☆
レビュー
16歳の誕生日に死ぬと決めているホタルは、暴力集団のリーダー格シンジのもつ脆く優しい光に魅かれてゆく。BLANKY JET CITYの「彼女は死んだ」がテーマ曲。何だか誰もが幼くってイライラさえするが、それが現実か。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント