沢木耕太郎『血の味』

現代文学100字レビュー

作品情報

沢木耕太郎『血の味』の表紙画像
タイトル
血の味
かな
ちのあじ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
血の味
評価
★★★★☆
レビュー
隠蔽して暮らしてきた記憶がふいに蘇る、中学校の頃に人を殺した記憶が。「もう跳べない」という少年のどんづまり感がよく伝わる。そりゃナイフも持つ。終局のアクロバティックな転向には著者の意図通りにヤラれた。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント