伊佐山ひろ子『海と川の匂い』

現代文学100字レビュー

作品情報

伊佐山ひろ子『海と川の匂い』の表紙画像
タイトル
海と川の匂い
かな
うみとかわのにおい
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
燃える電車は、すごくゆっくりと遠ざかっていった / マスターは電話番号を書いた紙を出した / みずいろ (ほか)
所要
1時間
評価
★★★☆☆
レビュー
「14年ぶりの単行本」なんて惹句の作品集。どの作品にもノスタルジーが満ちて、昭和の匂いがする。描写が足りてない、端的に言って上手くないと感じるのだが、「主人公の目に映る世界像」が創造できてるとも言える。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント