谷川俊太郎/佐野洋子『入場料八八〇円ドリンクつき』

現代文学100字レビュー

作品情報

谷川俊太郎/佐野洋子『入場料八八〇円ドリンクつき』の表紙画像
タイトル
入場料八八〇円ドリンクつき
かな
にゅうじょうりょうはっぴゃくはちじゅうえんどりんくつき
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
からだ大辞典 / 一幕劇 入場料八八〇円ドリンクつき / ただの身上相談 (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
夫婦による共作。それぞれに体の部分を定義する小さな詩、男と女の一幕劇、天地を創造する聖書がある。変幻自在な男女の時間軸たる議論劇がいい。「わたし、こういう風に死とか愛とかもてあそぶの嫌なんですけど。」

商品詳細&購入情報

このページへのコメント