青来有一『聖水』

現代文学100字レビュー

作品情報

青来有一『聖水』の表紙画像
タイトル
聖水
かな
せいすい
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
ジェロニモの十字架 / 泥海の兄弟 / 信長の守護神 (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
長崎を舞台にした短編集。隠れキリシタンの土地としての歴史に多重的信仰が浮かぶ。「何を信じて生きるのか」というオーソドックスな題材を描き安定感がある。そういう意味では異色の「信長の守護神」が効いてたり。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント