鎌倉・京都―二都物語

旅行記

行程

1994-12-27
東京―鎌倉―横浜―
1994-12-28
―京都―宝ヶ池―上賀茂―近江舞子―七尾

鎌倉で遊んで大垣夜行に乗って、ちょっとだけ京都に寄りながら石川県の実家へ。

1994年12月27日(1日目) 冬の鎌倉

由比が浜
由比が浜

学生時代の旅。旅というか正月帰省。例によって青春18切符を握り締めての道中。当時のメモを見ながら、あの頃を振り返って懐かしくなったりもしながら。

この日は前日徹夜して出発している。時間を有効に使いたい→始発に乗ろう→寝ちゃうと起きられない→徹夜する、という思考手順のゆえ。寒さで縮こまりながら始発に乗り込み、鎌倉を目指す。ほとんど眠りながらの移動だが。横須賀線では意味もなく終点久里浜まで行って折り返したりしている。列車に乗ってるのがただ楽しいばかりで、子供と変わらないのだがそれもまぁいいだろう。

江ノ電に乗り換え由比ケ浜・長谷へ。大仏が見たかったのだな。こんな年末の朝っぱらからやってくる観光客なんていない。理想的な静寂の中でゆっくりと大仏と対峙する。でかけりゃいいってもんじゃないだろう、という第一印象なのだが、風雨にさらされた年月を肌に張り付かせていて、それなりの容貌。胎内へ入れるのだが。「それはちょっと違うんじゃないか」と思い入らず。

光則寺に寄ってから長谷寺へ。年末ということで大掃除の真っ最中。観音像を見上げる僕の脇を、「ドラムどこ置いた?」と職人が走り回っている。勘弁してほしい。

浜へと歩いてみる。夏には賑わうのであろう由比が浜。ウィンドサーフィンの男たちが遠くを滑っている。打ち上げられた魚の死骸に烏が群れている。爺さんが老犬と散歩している。それは皮肉じゃなくていい風景だと思う。

どこかの庭
どこかの庭

江ノ電を鎌倉へ戻り、段葛を抜け鶴岡八幡宮へ。静か。当時のメモには「神の不在、空っぽの社」と書いてあるのだが、今はそこまで言うつもりはない。金沢街道方面へ歩いて杉本寺へ。鎌倉最古の寺ということで、苔むした石段が味わい深い。その石段は通れず。横にある別のルートを使うようになっているのだが、美術品的に保管すべきものなのかどうかは分からない。浄明寺、報国寺(竹の庭が涼しげ、というか冬場は寒々しい)と見て、鎌倉宮。護良親王が幽閉されていたという土牢の前で手を合わせ、昨晩徹夜しているとは思えないほどもりもり歩いて瑞泉寺。裏の岩庭が壮観。洞のなかで座禅でもしたんだろうか、あるいは能でも舞ったか。永福寺跡は発掘中。護良親王の墓へと長い階段を登り、さすがに膝が壊れてきたので小さなラーメン屋に入って昼食にする。やっぱり年末の寺社掃除がらみか、作業着の男たちが黙々と食している。載せた写真はこの辺のどこかの庭のはずなのだが、不明。

頼朝茶屋
頼朝茶屋

荏柄天神社にある「いろんな漫画家が描いた河童」を見て、頼朝の墓へ。墓への石段の前に老人が座っていて、僕の前を歩いていた女性グループに話し掛ける。「ここは頼朝の墓ではない」という。え? 「本当の墓はここにあるんだ、私は鎌倉のことならなんでも知っている」と地図を片手に語っている。そのグループは分かりましたぁと言ってなかば逃げるように去っていった。僕は(なぜか)呼び止められなかったのでそのまま石段を登る。墓自体はとても小さい。偽物だから? 横の茶屋は廃墟となっている。椅子はシートカバーが破れ放題で、窓ガラスは埃で曇っている。屋根の上でリスが飛び跳ねている。

それから来迎寺、宝戒寺と寄って駅へと戻る。

電車に乗り北鎌倉へと至ったときにはすでに疲れ果てている。どの寺を見ても同じような気がしてきた。ともかく円覚寺。鬱蒼と生い茂る木々。ふらふら歩いて明月院。あじさいの季節にはいいんだろう。それから浄智寺、東慶寺。ふーむ。これは旅なんだろうか?

横浜へ戻って夕食をとり、そごうの休憩所でしばらく半睡してから品川へ向かう。意味もなく横須賀線を経由して。大垣夜行に乗るために2時間前に着いたのだが、すでにホームにはドラクエ発売日かと見間違うような座り込み集団がいる。これだから嫌なんだよ鉄道オタクは、などと毒づきながら僕も携帯カイロを振り振り最後尾について座る。

乗車率200%の混雑ぶりにも関わらず、幸運にも座席をゲット。さぁ眠ろう。

1994年12月28日(2日目) 京都庭園散策

加茂川
加茂川

大垣から乗り換え、京都到着。コインロッカーにバッグを入れて身も軽くバスに乗り込む。

宝ヶ池方面。まず円通寺へ向かう。団体客を断っているため、静かな寺。苔むした枯山水、借景の庭園が美しい。庭に面した部屋にはホットカーペットが敷いてあり、「ゆっくり座っていってくださいね」という心配りが美しい。それ以来京都で一番好きなお寺はここ。忘我の境地で庭に見入って座しているおじさんから少し離れて座り、しばらく庭と感応。

貴船神社、大田神社を経由して上賀茂へとルートを取る。このあたりは昔神官の屋敷が並んでいたというので、それなりに水の流れだとか石橋とか風情はある。上賀茂神社は世界文化遺産に登録されたばかりだったのかな、結構人がいた。広い境内にくつろぐファミリー。拝殿前には円錐状に盛られた砂があり、これが雅な印象にしている。

写真はこのそばの賀茂川だと思われる。記憶あいまい。川辺で餌を放っている人の周りに集まる鳩。

いわくありげな名前だがちっぽけな大将軍神社。空海の自作だという大師像を祭る神光院を過ぎ正伝寺へ。ここも円通寺と同じように比叡山を借景とした枯山水。白砂が清々しい。

近江舞子
近江舞子

京都駅へ戻り、アバンティの書店で何冊か本を買って、列車に乗る。湖西線を北上、途中の近江舞子駅で下車。

琵琶湖のほとりにたたずむブランコが寂しげな冬の滋賀。

あとはゆっくりと実家の石川へと。(了)

このページへのコメント