夢の九州一周 第一部

旅行記

行程

1995-08-13
大阪―広島―下関
1995-08-14
下関―二日市温泉―太宰府―博多―二日市温泉―鳥栖―諫早―長崎
1995-08-15
長崎
1995-08-16
長崎―佐世保―武雄温泉―吉野ヶ里―吉野ヶ里歴史公園―佐賀―唐津
1995-08-17
唐津
1995-08-18
唐津―二日市温泉―柳川―大牟田―久留米―二日市温泉―鳥栖
1995-08-19
鳥栖―日田―玖珠―湯布院―大分

二週間かけて九州をひとまわりする野宿旅。青春18切符を2セットで。前半を記載した第一部です。

1995年8月13日(1日目) まだ九州には入らない

広島市現代美術館
広島市現代美術館

九州一周の旅模様。青春18切符を使って鈍行を乗り継ぎ、夜は野宿で過ごす、ということ以外の予定はまるで決めていない旅です。「夢の九州一周」とか言ってるけどもちろん冗談だから気にしないでいいです。スタートが大阪になっているのは、部活の試合が大阪であり、そこから直接旅路についたため。部活。大学時代の旅話です。

まず広島で下車。平和公園へ行こうかなと思って降りたのですが、広島市現代美術館で「ヒロシマ以後―現代美術からのメッセージ」なる企画展をやってるよというポスターを駅で見て、気が変わったんですね。これはぜひ見てみたいと比治山エリアの美術館向かいました。

ウォーホルや岡本太郎、ダリなど幅広く「核」に関する作品を集めてあって、夏の広島らしい展示です。ただ、あまりに濃ゆいものだったので体力を奪われてしまいました。作者、タイトルも忘れてしまったのだが、ミレーの『晩鐘』をパスティーシュし、キノコ雲を背景としてピストルを持った二人が静かにうつむき眼を閉じている、という絵があり、これが一番のお気に入り。

夜は下関へ。野宿する場所を探して歩く。駅前では、特攻服の方々が独特のしゃがみ方でしゃがんでいる。公園に入ってみるとスケボーの方々がなんか叫びながらアクションしてる。んー、だめですね。道端にあったベンチ(なぜかカバ型)で2時間ほど半眠。寝不足は朝の空いている列車で取り返そう。

1995年8月14日(2日目) 太宰府歩き

大宰府政庁跡
大宰府政庁跡

下関で始発列車に乗って、福岡県入り、朝からやってると調べておいた二日市温泉の温泉銭湯まで行って朝風呂に入る。コインランドリ-を発見、洗濯する。

その後、ルートとしてはちょっと戻って太宰府へ。太宰府天満宮は大変な混みよう、人込みが苦手な僕としては早々に退散するしかない。隣の光明禅寺はうって変わって静か。こんなに見事な石庭があるのに、天満宮を参った客はなぜ光明寺へ寄らないんでしょう。

ぽくぽく歩いて観世音寺へ。日本最古の梵鐘がある。それを観光客のおやじがガンガンに打ち鳴らしていて、大丈夫なのかと心配になりました。国宝、国の宝なんですけど。

収蔵庫受付で「学生1枚」と言ったのに一般の拝観券をいただきました。サングラスをかけたままだったからムッとされたのでしょうか。「そんな態度じゃ御尊像の有り難さも分かるまいて」とでも言いたげな表情で。サングラスで粋がる程度の子供なんだから許してください。全国でも例がない、巨大な仏像が何体も並んでいるもので、それらが互いに打ち消し合うことなく強力な自己主張をしていました。

それから大宰府政庁跡へ。礎石だけが残っている。見渡す限りここら一帯がすべて敷地内であったという巨大さが想像できます。芝生だったので横になってみたかったのですが観光客が多いのでやめておきました。

太宰府駅前でとんこつラーメンを食べたあと、博多の繁華街、天神へ出てみました。都会ですね、すごい人ごみ。帰省して来た人達もいるのかな。歩いてみる気にもなれず、結局、博多はどこも見ずに逃げ出すようにして再び二日市へ行って、別の温泉施設でぐったり。

今日は長崎まで行っちゃおう、と列車に乗る。列車内では、母親が娘(小学生か)に「Once more」と肩を揉ませている風景がありました。「英語教育は小学校から行うべき」との強い信念をお持ちの方なのでしょうか。「まだ?」と娘。「そういう時にはね、Finished?って聞くのよ」「フィニッシュト?」「Not yet」。なんだかほのぼのとしていて頬が緩んでしまう。それから娘は足を使って肩を叩き「ホワッツディス?」などとやっている。いい風景でした。

途中下車した鳥栖は田舎町で、諫早はもう少し栄えている。

長崎に到着。雨が降り始めてる。駅前のベンチが歩道橋の下にあって雨を防げたのでそこで横になって寝ることにします。

1995年8月15日(3日目) 長崎は雨だった

大浦天主堂
大浦天主堂

この日は終日長崎だ。昨晩の雨もすっかり上がり上天気。

大浦・南山手エリア、オランダ坂を登り孔子廟へ。孔子像、徳の高い人なのにどうしてこんなに怖いのか。続いて大浦天主堂へ。歴史的価値云々はよく知らないままにしても素晴らしく美しい建築物ですね。

グラバー園から望む長崎港
グラバー園から望む長崎港

そしてグラバー園へ。古い建物を順に見てまわります。高台から眺める長崎の港が美しく光ってみえます。

……ちょっと待って。なんか観光してる。野宿の旅ってもっとなんかキビシイものだと想像してたのに、普通の観光客みたいに観光してる。しかもそのあと思案橋エリア、崇福寺から眼鏡橋へと見てゆくのですよ。コンビニで買ったパンを公園で食べながら「こんなことでいいのか、もっとストイックな旅のほうがいいのではないか」と自問して。おばさんがまいたパン屑に群がる鳩を眺めながら「問題ない問題ない」と呟いてみたりして。

崇福寺
崇福寺

午後は浦上エリア、まず諏訪神社。地味だが河童狛犬だとか妙なものが多くて楽しめます。そのあとは、ここは外せない、平和公園。有名な祈念像を背に写真を撮る人々。しかし像をバックにピースサイン! 戦争を知らない子供たちは、平和にすくすく育ちます。

夕食はチャンポンを食べる。

夜は精霊流しのイベント日です。知ってて、ある程度狙って長崎へ来たのですけど。町のあちこちで爆竹が炸裂するなかを船が進んで行きます。歩道橋の上に見物人が並び、道路を進む船を見下ろしていて。もっと静かなものだと思ってたんですよね。さだまさしが唄っているくらいだから(有線で流れっぱなしでした)、わびしさを味わうものだと思ってたんです。ところが大変な騒ぎで、10時くらいまで爆竹が鳴り止まない騒音の祭り。公園では余った爆竹で二次会に興ずる人々。街中が火薬臭い。彼らが帰るを見送ってから、公園で眠る。雨が降り出しました。そう、長崎は今日も雨だった、のです。

このページへのコメント