初めての山陰

旅行記

行程

1996-08-12
東京―
1996-08-13
―加古川―倉敷―米子
1996-08-14
米子―松江―米子
1996-08-15
米子―倉吉―三朝温泉―東郷湖―鳥取
1996-08-16
鳥取―香住―城崎温泉―豊岡
1996-08-17
豊岡―綾部―福知山―谷川―大阪―京都―福井―七尾

松江と鳥取を中心に山陽・山陰をぶらぶら。三朝の山にも登ります。城崎で温泉にも入ります。

1996年8月12日(1日目) 旅立ちは夜

大垣行き臨時夜行。これまでのいわゆる「大垣夜行」は全席指定の「快速ながら」になってしまいましたが、青春18切符が使える時期だけ、臨時の普通列車が出ています。もちろん、指定席券を買えば18切符で「ながら」にも乗れるんですが、なんとなく邪道だという気がする。席を確保できるかどうか分からないままホームに並んでる、雑然とした感じが好きで。その点、臨時列車は古き良き時代の大垣夜行そのままでうれしい。

品川駅ホームでは向かいホームからもうひとつ別の大垣臨時が出ているようでした。これは帰省の時期に合わせてほんの2・3日程度運行されてるみたい。6両と少ない編成の3ドア。どちらのほうが空いているのか分からずにとりあえず並ぶ。同じようなものかもしれない。

当然、この日は日付変更まで普通の切符を買い、翌日から青春18切符を使い始めるプランです。

1996年8月13日(2日目) 倉敷美術館めぐり

大垣に到着。雨が降り出してる。心配したけど、加古川で降りた時には上がってました。

なんとなく赤穂線に乗る。ただ素通りするだけで途中下車もしない、乗りつぶし目的だけの乗車。

そして倉敷。美観地区へ。野郎ひとりで歩くと気恥ずかしさを感じる街並み。「素敵!」とか言ってる女の子の2・3歩後ろで「そうか?」と言って歩くところでしょうか、ここは。全国に町並み保存を謳っているところはいろいろありますけど、この美観地区も同じで、作り物然とした感じが否めない。椎名誠のエッセイでウスラバカな感じと言ってたのを読んだ印象もあるかもしれない。

ともかくもやってきてしまったので、美術館めぐりをしなければなりません。まず最も大きい大原美術館へ。倉敷観光の中心で、家族連れやらカップルやらでごったがえしてる。印象派からキュビズム、日本画洋画土産物と節操がないほど集まってる。いいなと思った絵があっても、あまりに数が(絵の数も人の数も)多くて記憶に残らない。

横の蜷川美術館は打って変わって静か。古代ギリシャ美術、ヘレニズム美術というものが異色だからでしょうか。男は僕だけであとは夢見がちな女の子が4・5人、目を輝かせていただけでした。

アイビースクエアは蔦の絡まる煉瓦造りで、当然ながらカップルだらけ。メルヘンチックだものな。

その後、阿智神社へ。ここは岩磐が信仰の対象なんだな。この辺で雨が降り出す。急いで駅へ向かうとついに本降りになりました。駅ビルで雨が上がるのを待って、小雨になったところで銭湯へ。

米子に出て、公園で眠る態勢に。スナックからカラオケが漏れ聞こえる。ホステスたちが帰り際僕を見つけて、部屋へ連れていってはくれまいか、などと思っているうちに眠ってしまってる。が、猛烈な犬の吠え声に目を覚ました。後ろから飼い主のおばさんが「すいませんすいませんすいません」と走ってくる。夜中の2時に犬の散歩、ベンチで野宿するのと同じくらい高尚な趣味だね。

1996年8月14日(3日目) 松江暴風警報

米子城址
米子城址

早朝目覚め、コインランドリーへ。ぼんやりゆっくり洗濯。

米子城はとりあえず頂上まで登っただけ。湊山公園で睡眠不足を解消すべく寝る。猿など見ながら駅へ。

松江城
松江城

松江に出る。雨になりそうな気配。台風12号が接近中でこのあと大荒れが予想されたりもしてました。すばやく見て回ろう。松江にはレイクラインという市内循環観光バスがありまして、車種も含めて以前鹿児島で乗ったものとよく似てる。それに乗って、松江城へ。そして小泉八雲記念館。八雲(ラフカディオ・ハーン)にはなんの思い入れもなくて、その遺品など「ほーん」って見る。続いて月照寺。大きな石彫りの亀が有名です。首をぐっと伸ばした姿は完全に男性性の象徴ですね。亀の頭を撫でると長生きできるんですって。同じバスできた女の子たちは撫でたのかなぁ、亀頭を。

一畑電鉄の松江しんじ湖温泉駅に来たところで雨になりました。まだ2時なのに、早すぎる。ゆっくり温泉につかるかと、事前にチェックしてあった社会保険センターへゆくとお盆休業。がーん。JR駅に戻って、テレビニュースを見ると台風は夜にかけて直撃するようです。大雨洪水暴風波浪の四拍子そろった警報も出てます。死亡者も出てます。うーん、どうしよう。ホテルに泊まるか? 悩んでいると、「祈らせてください」の男がいつの間にか目の前にいる。確かに今、悩んでます。不幸でもあるでしょう、けど、こっちは野宿のこだわりをどこまでこだわるか考えてるところなんです。邪魔しないでください。

とりあえず夕食をとって、米子へ戻る。列車も飛行機もどんどん運休になってるみたい。よし、ホテルに入ろう。残念だがしようがない。駅前のビジネスホテルへ飛び込む。まぁ、銭湯に入れなかった汗も流せることだし、安い出費だと思うことにしようかな。いや、1.雨・風を防げる。2.風呂に入れる。3.ベッドで眠れる。4.エロビデオが見られる。の一石四鳥は安い! しかし、これで野宿の旅ではなくなってしまいました。残念。

このページへのコメント