京都寺社三昧

旅行記

行程

1998-07-18
東京―小野―醍醐―京都
1998-07-19
京都―嵐山・嵯峨野―祇園―京都
1998-07-20
京都―下鴨―京都―東京

京都は醍醐方面に嵐山嵯峨野、下鴨神社とか。何度目の京都かもう忘れましたが嵐山は実はこれが初めて。

1998年7月18日(1日目) 醍醐を歩こう

勧修寺
勧修寺

夏の京都はあっついね。汗をふきふき、まずは小野方面へ

地下鉄東西線小野駅からパンを食べながら歩いて勧修寺。睡蓮が咲いています。パンフレットどおりの構図で撮ってみました。さすがに絵になります。周囲は芝生の広場となっているのですが、夏の芝生ってどうしてああも息苦しいんでしょうね?

随心院
随心院

さらに逆方向へ歩いて随心院。10円を入れると箱が開き、エサが水に落ちるカラクリです。学習を重ねた鯉たちは箱の下から離れようとしません。これを何かの比喩としてとらえることはたやすいのですが、やめておきます。

小野小町ゆかりの寺ということで、晩年の小町だという醜怪な像が安置されています。ほかにも山のような恋文を埋めたという文塚や、ドブのような「化粧の井戸」もあります。

醍醐寺
醍醐寺

そのまま醍醐方面へ向かい、世界遺産、醍醐寺の五重塔。京都府では最古、日本でも3番目に古いものです。他に撮るものがなかったのでこの写真になったのですが、本当は三宝院(という塔頭)にある素晴らしい庭園を撮りたかったのです。しかし撮影禁止でした。時々ありますが、これは何故なんでしょう。絵画のように複製を額に入れておけばそれで満足、というようなものではないから、写真がどこかに載ったところで参拝客が減るわけでもないでしょうし。少なくとも我々のためを思った施策ではないようですね。

それとは別の話ですが、友人の友人が(といったらもう他人ですが)この寺で修行しているそうです。

女人堂
女人堂

醍醐寺は山頂と山麓に寺域が分かれています。一般には山頂のものは上醍醐寺と別扱いにするようですが。

さて、読めるでしょうか。「山頂・開山堂 約2.6K 徒歩60分」とあります。このまま突き進みますか? それとも「女人堂」という響きに欲情しつつ引き返しますか? 山頂まで登らねば醍醐寺へ行ったとは言えませんので、当然登りますよね。

上醍醐
上醍醐

山頂です。おめでとうございます。「徒歩60分」というのは金剛杖をついた婆さんタイムだろうとたかをくくっていたら50分かかってしまいました。日頃の運動不足をまざまざと感じます。

醍醐味の語源となった水が湧いていますが、もちろんただの水です。

京都駅
京都駅

新しくなって1年が過ぎた京都駅ビル。周知のとおり、多くの反対意見を押しきった形ですが、僕は嫌いじゃありません。どうせ旧駅ビルだって町の景観を損ねていたんですから。そういう意味では長野駅のほうがショックです。善光寺の町に似合ういい駅舎だと思ってたんですが。

京都夜景
京都夜景

京都駅ビル屋上の展望台より眺める夜景。たいしておもしろくはないです。それを知ってか、カップルたちは夜景など見ちゃいません。だったらなんで展望台なんかにいるんだ!! 健全な若者なら街へしけこめ!!

このページへのコメント