萩津和野の風情を感じて

旅行記

行程

1998-09-23
東京―松江
1998-09-24
松江―出雲―温泉津―益田
1998-09-25
益田―萩―長門湯本温泉―長門
1998-09-26
長門―津和野―山口
1998-09-27
山口―東京

山陰を日本海沿いに西行し、萩、津和野、山口と小京都を巡ります。鉄道に乗りたいがために無闇に回り道してるところもありますが。

1998年9月23日(1日目) 旅立ちは雨の中

ちょっと遅い夏休み。午後になって出発したので移動日です。雨でした。列車が遅れるほどの正統派本格的大雨です。全国的に雨の予報だったから、どこでもいいやと中国地方を選んだんですが、結果的にはなんのことはない全国でももっとも雨の降った地域のひとつです。

津和野・秋芳・萩のゾーン周遊きっぷを使っています。お徳かどうかは別にして、乗り降り自由ってことが好きなので。

夜、松江まできて宿泊。

1998年9月24日(2日目) ぬれねずみゴーゴー

出雲大社
出雲大社

松江から移動して出雲。出雲大社へ。大粒の雨。学生時代にも出雲を目指したことがあるのですが、松江まで来て台風のため断念した経緯があります。こなくそ!といいつつ来てみれば、雨脚はますます強まり、服はますます肌にはりつき、リュックの中で時刻表はますますよれていきました。伊勢が好きだと公言している僕は、出雲の神々から嫌われているのかもしれない。荒ぶる神という言葉も頭をよぎります。

ざんざん降りのなかをそそくさ参拝。

温泉津温泉元湯
温泉津温泉元湯

さらに列車にゆられ、温泉津温泉へ。こう見ると結構まぬけな名前だな。そんなに温泉温泉いうこともないだろうに。ゆのつおんせん、と読みます。

JRの駅からバスも出ていますが、港など眺めながら20分も歩けば温泉街に着きます。静かな温泉街の風情です。外湯はここ元湯と藤乃湯の2軒。どちらも観光客向けというよりは地元の人達の日常ユーズと見えます。こっそり撮ろうと思ったらあせっていたのかフラッシュをたいてしまい、思いきりにらまれました。

浴槽はぬるい湯・熱い湯と分かれているんですが、ぬるい湯からして相当熱い(推定43度)。熱いほうは推定48度。地元の方はどうしているかというと、タイルの上に座って談笑している。そんで時折思い出したように桶で湯をかぶる。流れ者の僕には真似できない地元の味。

温泉津温泉藤乃湯
温泉津温泉藤乃湯

2軒目、藤乃湯。おじいさんが2人、それぞれ片足だけ浴槽に浸ける形でなまめかしく横になっておられたので(タオルくらいかけなよ)内部撮影不可。

お湯は(元湯もだけど)少々鉄クサイ。温泉成分のせいというより、配管が錆びてるだけじゃないかと感じる、古びたお風呂です。

列車が動かない
列車が動かない

雨はますます強くなり、線路点検のため三保三隅駅で列車は完全に止まってしまいました。「迎えにきてもらいますわー」とそう遠くないところに住んでいるらしい何人かが降りていきました。周遊きっぷのゾーンにさえまだ入っていない、こんなところで僕は何をしているのでしょうか。バッグに詰めてきた4冊の本はここで読みきってしまい、もう何もすることがありません。

結局1時間24分停車後、運行は復旧しました。終点益田で宿をとることにします。

1998年9月25日(3日目) 萩を自転車で。

東萩駅落書き
東萩駅落書き

翌日、なんと晴れました。嬉しい! へやってきました。っていきなり汚くてごめんなさいね。東萩駅トイレの落書きです。今日は9月25日。よかった。晴れてよかった!

ついでですが、こういう落書きはやめていただきたい。トイレに入っていて、ふと目を上げるとホモのお誘い。その待ち合わせの日時が「え!今じゃねーか!」って青ざめた経験もありますので。

レンタサイクル
レンタサイクル

晴れた喜びに満ち溢れ自転車。駅前に何軒もレンタサイクルの店があります。観光地がまとまってるエリアだとよく使うんですよね、自転車。気楽じゃないですか。歌いながら自転車をこぎます。興奮ぎみに萩の町を飛ばします。

萩城
萩城

萩城。指月公園として整備されています。天守は残ってなくて、城跡としての公園です。しかし、「城」よりも「城下町の町並み」のほうがより整備されているのはなぜなんでしょうか。ここに限らずときどき思うんですが、立派な城下町を保存してるのに、城がしょぼいってのはどうなんでしょうか。

このページへのコメント