宮島まで鹿に会いに。

旅行記

行程

1998-12-26
東京―広島
1998-12-27
広島―防府―徳山
1998-12-28
徳山―岩国―柳井
1998-12-29
柳井―宮島―姫路
1998-12-30
姫路―京都―七尾

広島、宮島、岩国、柳井、徳山、防府。広島県から山口県へ、瀬戸内海沿いの町を訪ねて歩きます。雨を避けながらの移動。

1998年12月26日(1日目) 移動日

僕の実家は能登なんですが、正月帰省の寄り道(というか回り道)としてどこかぶらつくのが常になっています。青春18切符を使って気ままな旅程。今年は山陽を選んでみました。1日目(26日)は18切符を温存し、新幹線で東京から広島まで直行。ただの移動日でした。

1998年12月27日(2日目) 師走の天満宮

防府天満宮
防府天満宮

2日目。広島で泊まったのは翌日宮島へ行こうと思ったからなんですが、雨が降っていたのでちょっと列車に乗って西へ進んでみることにしました。広島県から山口県に入って、防府で晴れてきたので下車します。

防府天満宮へ。京都の北野天満宮、福岡の太宰府天満宮と並んで日本三大天神と呼ばれます。菅原道真の怨霊が鎮められているわけですね。初詣客の受け入れ準備で皆走り回っている。そのせいかどうか、厳かさに欠ける。

防府天満宮で鳩に惑う
防府天満宮で鳩に惑う

境内には当然のように鳩がいました。なぜなんでしょうね、神社仏閣に鳩がいるという風俗形態は。浅草寺なんてすごいですよね。昔行った時には両肩に鳩がとまったものでした。庶民的な味を出そうという寺社側のコンセプトがあるのでしょうか。あるいは「首を振らずには歩けない」ということが何かの説法的な意味合いにでもなっているのか。

周防国分寺
周防国分寺

防府は猫の町なんでしょうか。町中猫だらけでした(言い過ぎだけど)。それでいて警戒心が強いので写真は撮らせてもらえませんでした。残念。

少し歩くと周防国分寺があります。多くの国分寺が石碑だけになってたりする中、ここは現役の寺です。が、改修工事中でした。残念。

毛利氏庭園
毛利氏庭園

さらに歩いて毛利氏庭園へ。毛利氏の邸宅跡ですね。池を配した庭は結構綺麗ですよ。邸宅は資料館となってて、歴史のお勉強ができます。それからぶらぶらと時間をつぶしつつ徳山まで戻りビジネスホテルへ。

1998年12月28日(3日目) 岩国のシロヘビは結局見てない

建咲院
建咲院

3日目。徳山は港のそばだったのでしばし海を眺めつつ、ガイドブックも広げて、今日の行き先を考える。

徳山から一駅、新南陽駅で降りてみました。建咲院というお寺に。観光客が来るようなお寺ではないんでしょうかね、特に何があるというわけでもなさそう。地図で見つけてなかなかよさそうな名前だったから来てみただけです。

錦帯橋
錦帯橋

それから岩国へ出る。岩国観光のハイライト(というかここしか見所はないんだけど)錦帯橋へ。アーチ状の5連橋が美しい。なんですか、車で乗りこんだ暴走族に壊されてしばし改修工事をやってたって噂を聞いたんですが、本当ですか? この時にはキチンとなってました。河原から見上げる形がベストビューのようですね。

洞泉寺
洞泉寺

錦帯橋の向こうは岩国城を中心として吉川氏の拠点だった場所。城はロープウエーで登った山頂にあるのですが、面倒だったので行きませんでした。ただ麓をぶらついてただけ。資料館や寺社が集まってて退屈はしませんね。写真は吉川氏の菩提寺、洞泉寺。そもそも吉川氏って誰だ。毛利元就の子・吉川元春ならかろうじて知ってるけど、それより幾代も後のものだからねぇ。

案内板
案内板

この案内板はちょっとないんじゃないでしょうか。シロヘビって。ええ、確かにいるんですよシロヘビ。せめて「シロヘビ鑑賞施設」くらい言いましょうよ。難しいことを言えば白色変種なんですが、代々遺伝するのは学術的に珍しいってことらしいです。昔の人は「神の使いだ」って畏怖したわけですね。

岩国歴史美術館
岩国歴史美術館

岩国歴史美術館です。いや、マックショップの向こうが。「歴史の香る吉香公園の景観にふさわしく城郭風の建物」としたらしいのですが、歴史というより林檎の香りがします。中は鎧など武具が充実している。柳井へ移動し宿泊。

このページへのコメント