目指せ日本海! 越後湯めぐり

旅行記

行程

1999-07-17
東京―新治―法師温泉
1999-07-18
法師温泉―柏崎―松之山温泉
1999-07-19
松之山温泉―切明温泉―津南―大沢山温泉
1999-07-20
大沢山温泉―越後湯沢―東京

群馬から新潟へ温泉を巡るドライブ。法師温泉、松之山温泉、大沢山温泉と「日本秘湯を守る会」三連泊です。ほか周辺の日帰り温泉も。

1999年7月17日(1日目) 猿ヶ京三国温泉郷、いいぞ!

奥平温泉・遊神館
奥平温泉・遊神館

飽きもせず、温泉へ行ってきました。今回は群馬経由、新潟方面。

月夜野ICで降り、猿ヶ京三国温泉郷と呼ばれるエリアへ。旧三国街道沿いに、古い温泉が点在しています。3泊4日の行程のクライマックスがいきなり初日の法師温泉だったりするのですが、法師へ向かう寄り道に、2箇所の立ち寄り入浴施設を訪問しました。

ここは新治にある村営の施設、奥平温泉遊神館。温泉、食事処、カラオケなどもあるところで、まぁよくあるタイプの日帰り温泉施設ではあります。食事処ではナマズの天ぷらを乗せた「カミナリ丼」が名物のようでそれを注文、おいしくいただきました。

遊神館露天風呂
遊神館露天風呂

露天風呂は、普通。悪くはない、という程度か。んー、えーっと、次の温泉褒めるために、ここ褒めないでおきます。いや、悪くはないのよ、ホントに。

さて、このあと群馬サイクルスポーツセンターというところへ行ってみました。写真はありません。撮るほどでもなかったので。ファミリー遊園地という風情のところですが、温泉ばかりじゃつまらんということで一応。中のアポロミュージアムというトリックアートの美術館だけ見てきました。立体的に見えたり、見る角度によって絵が変わって見えたりってやつです。うらぶれ感がすごいところでしたが。

猿ヶ京温泉センター
猿ヶ京温泉センター

さらに走ると猿ヶ京温泉の猿ヶ京温泉センター。ここは味も素っ気もない名称のわりにはいいとこでした。それぞれ趣向が凝らされた温泉が数種あり、日替わりで男女入れ替わる、というもの。国道沿いにぽつんとあり、温泉だとぱっと見にはわかりにくい。つつましやか、ともいう。

古い旅館のような玄関を抜けて、秋にはそうとう綺麗だろう紅葉の渡り廊下(バランス悪くて鳴らない獅子脅しアリ)を抜けて、浴場へ。

利休の湯
利休の湯

まず大浴場「砂利の湯」。古い湯治場のイメージです。檜造りの浴場に玉砂利を引いた風呂がある。塩を盛った甕がどんと置いてあり、塩で洗え!という状況になっている。塩はフロントで売ってもいます。情緒あります。

甕に浸かる「利休の湯」。湯のたっぷり張った甕が3つ並んでいます。1人用が3つですね。打たせ湯となっていて、湯はぬるめ、長湯できます。

茶屋風の建物に入ってて利休の湯とはちょっとあざといものがあるんですが、気持ちいいのでオーケーです。

あづまや露天風呂
あづまや露天風呂

さらに鯉の泳ぐ池に浮かぶ「あづまや露天風呂」。いやー、もう満足です。これらがこの日の男性用で、もう一方には巨大な行灯の下の「塔の湯」、蒸気たちこめる「猿岩窟」、「石組露天風呂」があるそうです。湯浴み後にはトコロテンで休憩のサービスもあり、素晴らしいです。調子に乗ってここの写真3点も使ってしまいました。

なにより客が少ないのがいいところなので、みなさん押しかけないように。んー、やっぱり「猿ヶ京温泉センター」って名前は味気なさ過ぎるので、僕が名づけます。「ビバーラ甕屋」どうだ。

法師温泉長寿館
法師温泉長寿館

さて、法師温泉です。ここは知り合いがベタ褒めしていたので、大いに楽しみにしてたんですが、期待に違わず素晴らしいところでした。薦めた彼としてもこんなに素早く行ってくるとは思いもしないでしょうけど。

長寿館の1軒宿です。国鉄時代にフルムーンのポスターで話題になったそうですが(そのポスター、宿に貼ってありました)、当時の状況はよく知りません。映画の撮影があったりもしたようです。いま感じるのは静かな文人系宿だってことだけですね。なんだかここに逗留して小説でも書くと筆が進みそうな感じです。

本館は明治の建築で、つつましやかにその重量感を誇ります。

長寿館新館
長寿館新館

川を挟んで昭和初期に建てられた新館があります。せせらぎが響いています。最初は「クーラーの音か?」と思ったほど、近い音源です。

夕食朝食ともに部屋食というのも嬉しいですね。

ここは「日本秘湯を守る会」の会員宿で、まぁ全国に散在する会員宿で1泊するともらえるスタンプを10個集めるとその10軒の中から好きなところに1泊無料で泊まれるってやつなんですが、僕、ここで10個目になりました。なんだか無料招待で法師を選んでしまいそうな感じです。四季折々に訪れたい、ってやつですな。

などともってまわりながら、肝心の風呂に触れてない。

長寿館浴場
長寿館浴場

さて、この風呂ですよ。薄暗い混浴の内風呂で、高い天井、当時モダンだったであろう窓、木のぬくもり、横の壁にそのままある脱衣棚、床を4つに仕切った浴槽、小石を敷き詰めた底からポコポコ湧き出す源泉、と箇条書きにしなければ追いつけないほど味わいある風呂です。お湯は少々塩辛い。

写真は誰もいない時間が見つからなかったので、ある程度空いているときに人のいない方向をさっと撮ったのですが、もっと広がりのあるいい空間です。熟年夫婦という感じの二人が静かに入っていました。ああ、こういう風になりたいもんだなぁと思いますね。しみじみ。

女性専用の風呂もあります。また、この混浴風呂も朝の1時間は女性タイムになるので、敬遠することなく法師を目指して欲しいと思います。

1999年7月18日(2日目) 日本海とんぼがえり

ソルト・スパ潮風
ソルト・スパ潮風

2日目は雨になりました。どうしていいのか分からないのでとりあえず日本海を目指すことにしました。柏崎まで北上。海辺にあるソルト・スパ潮風。健康ランド?という日帰り入浴施設です。日本海が望める露天風呂やミストサウナなどが揃います。

入場受付でタオル・バスタオルと室内着が渡されるんですが、この室内着が病院の服みたいな緑色でね、みんなでそれを着てマッサージ椅子などに座っている光景はかなり怖いものでした。足のツボマッサージなんてのもあります。やっぱり健康ランド。

柏崎の海
柏崎の海

砂浜へ出てみました。日本海です。雨は小雨になっているのですが、寂しさしきりです。なんだかもう海も空も分かりませんね、写真荒れちゃって。暗い空です。でも日本海ってこんなもんです。僕、日本海を見て育ちましたから、間違いありません。

このページへのコメント