リベンジ・ザ・小諸62キロ

旅行記

行程

1999-09-04
東京―小諸―東御―上田―戸倉上山田温泉
1999-09-05
戸倉上山田温泉―長野―東京

長野県小諸市から長野市まで62キロをただ歩く大会に参加してきました。1998年は途中リタイアという屈辱を味わったので、今年はと頑張り、見事完歩しました。

17:30 小諸懐古園スタート 0km

スタート地点
スタート地点

スタート地点は小諸、懐古園。昨年同様、和太鼓隊が出迎えてくれるなか、意気揚揚とスタート。途中、寅さん記念館?なんかがあったり。

19:00 海野宿白鳥神社SP 11.8km

海野宿
海野宿

各チェックポイント(CP)、サービスポイント(SP)で水分補給。東御にある海野宿は味わいある宿場町風情だけれど暗くってよくわからない。

腹が減ったのでコンビニへ寄るとイナゴの群れが通過したあとのように棚は空っぽ、しようがないので吉野家で牛丼食ったりする。

21:00 上田城CP 20.8km

上田城
上田城

上田。いいペース。チームメイトとは初手から離れてるのでウォークマンなど聞きながら。やっぱりこう、観光地を通過させるということに、観光協会的ないやらしさが漂う。

22:00 下之条マイショップSP 24.6km

まだまだ余裕。静か。

23:30 坂城小網SP 29.5km

寝ている仲間を発見したり。変化の少ない国道沿い。

24:00 坂城ローソンSP 32.3km

立ち止まりもしないで通過。そろそろ疲れが出始めるか。太腿と股関節が何か訴え始めるも、聞こえないふりをする。

0:30 戸倉CP 34.4km

戸倉
戸倉

小学生はここ、戸倉上山田温泉のチェックポイントがゴール。それなりに賑やかなムード。コーンスープが出る。

しかし、ここからですよ、大変なのは。真っ暗闇のサイクリングロードがここから10キロほども続くのだ。町中を歩いているときにはお店の看板とかいろいろ眺めながら多少なりとも気分転換もできるし進んだ距離も実感できるのだが、サイクリングロードでは歩いても歩いても道しかない。消耗が激しい。

2:30 冠着橋SP 39.7km

川沿いのサイクリングロードが続く。1キロほど歩いては座りこみ、足のマッサージなどする。

3:00 平和橋SP 42.2km

昨年はここでリタイア。真っ暗。とりあえずここを通過しないことには雪辱戦の意味がない。マラソンの人はこの距離を走りきっちゃうんだからスゴイもんだねぇ。

4:00 千曲橋SP 44.5km

延々とサイクリングロード。風景が変わらないということがどれほどつらいものか。リンゴがもらえたのはここなのかどうかもあやふや。

5:00 高速下SP 47.4km

戸倉
戸倉

空が白んでくる。疲労がピークに。眠い。これは何かの罰ゲームなんだろうか?

6:00 篠ノ井CP 49.1km

ついにダウン。2時間眠る。もうここでリタイアしてもいい、と思う。しかし、再び歩き出すのだ、目的もなく。

9:00 川中島ブックオフSP 54km

死んだように眠る人々。足を引きずりながら歩く亡霊のような小集団。

9:30 協和SP 56.5km

なんだか全部が悪い嘘のよう。スタッフもそろそろ飽きてきてる。

10:00 丹波島橋SP 57.9km

ゴール間近。遠くに善光寺が見え出してからが長い。

11:00 善光寺ゴール 62.2km

善光寺
善光寺

長野、善光寺ゴール!

嬉しい! 泣いた泣いた。って言ってもこの文章じゃあ伝わらんだろうなぁ。人間の体、60キロも歩くようにはできてません。神が人間を創ったのは60キロ歩かせるためではありません。これほど疲れ果てて、意識も朦朧としながらも、それでも達成感はあります。善光寺を前にして、心身の健康を祈ります。

願い事を書いた絵馬を奉納
願い事を書いた絵馬を奉納

完歩証明書が出る。絵馬を奉納できる。蕎麦がある。ゴールしたものの特典はそれだけ。賞金も賞品も出ない。あとは長野駅へ行って、仮眠とって帰ります。

というわけで、みなさん、来年も開催されるかどうかは知りませんが、興味ある方は要チェック。(了)

このページへのコメント