宿場町経由、京都へ

旅行記

行程

1999-09-23
東京―塩尻―奈良井―木曽福島―名古屋
1999-09-24
名古屋―草津―京都
1999-09-25
京都―鞍馬・貴船―二条城
1999-09-26
二条城―山科―熱田―東京

木曽は雨。雨に濡れる宿場町。それから京都鞍馬へ。鞍馬~貴船のあたりは空気が澄んでいて気持ちいいですね。最後は熱田神宮へも寄っています。

1999年9月23日(1日目) 雨の木曽路

塩尻駅前
塩尻駅前

台風接近中。塩尻です。

「木曽路はすべて山の中」の木曽路へ行きたいとスーパーあずさに乗り込みました。ここまではなんとか晴れてますが、天気予報によると雨が降らないはずはないコンディション。駅前で蕎麦など食しながら、危うい空を見上げます。

ところで塩尻は中央本線の東西分水嶺。JR東日本とJR東海の接点なんですね。そうすると、お互いもうちょっとちゃんと考えてくれてもいいのに、乗り継ぎが非常に悪くて困りました。東京圏から木曽へ行こうとすると、僕のように特急で塩尻まで来て、ここから普通列車に乗り換えるのが一般的かと思うんですが、1時間に1本あるかどうかの普通列車が特急到着の2分前に発車するなど、半ば喧嘩を売られている状態。どうにかならんものでしょうか、これは。

奈良井
奈良井

そうぶつぶつ言いながら20分ほど列車に乗ると奈良井に到着。かつて木曽最大の宿場町であった奈良井ですが、今は静かなもんです。情緒ある軒並みが1キロくらい並びます。資料館やお店を覗きながら歩きます。いいですね、こういうの。清らかな水が湧いていて、飲んでみたらば横に「沸かしてから飲むように」との看板を発見したり。可愛らしい猫をあやそうとしたら思いきり噛みつかれてみたり(まだ痕が残ってる)。いい町ですね。

そうこうするうちに雨になりました。あっというまに本降り。茶屋で雨宿りするもいっこうにやみません。話好きな女主人と電車本数の少なさで頷きあいながら、駅へ向かうことにします。

木曽福島
木曽福島

続いてやってきたのは木曽福島。雨も続く。こちらも木曽の宿場町としての風情が残るところですが「いい町並み」は駅から少し離れているようです。雨の中をそこまで歩くだけの気力もなかったので、あまり面白味のない駅前で台風をうらみつつ過ごします。

なんだかもうすることがなくなってしまって、名古屋まで出て早めに一日終了することにしました。

1999年9月24日(2日目) 何もしない。

台風ですね、実に。名古屋駅周辺でぶらぶらとしながら、やっぱり今日は観光なんてしようがないってあきらめました。降ったり止んだり、風もすごく強くって、そこの女子高生のスカートめくれねぇかなぁとか祈りながら無為に過ごします。

とりあえず次の目的地である京都まで出ちまおう、と電車に乗ったら乗ったで本も読まずに熟睡しちゃって、いかんいかん寝過ごすところだったぜ危なぇなとホームに降り立てば草津。草津? ついでだから駅前歩いてみるが、何もなかったしな。再び新快速に揺られて京都へ。

京都へ行ったら必ず立ち寄るアバンティの書店で2時間くらい過ごす。やる気なし。「花の慶次」漫画文庫なぞ立ち読みしつつ「ええ話やなぁ」と涙もろくなりつつ、駅前のビジネスホテルで早めに眠る。

1999年9月25日(3日目) 台風一過の京都。

由岐神社
由岐神社

台風も離れ、晴れました。大原へでも行こうと駅バスロータリーへ行くと、次まで20分くらいある。ので思いなおして鞍馬・貴船方面に変更。バスで出町柳まで出て、そこから叡山電鉄に乗り換えです。

鞍馬側から貴船側へ抜けてみることにします。まずは鞍馬へ登る途中にある、というか鞍馬寺の境内になるんですね、由岐神社へ。「鞍馬の火祭り」で有名なところですが、詳しく知りません。写真の割拝殿が建築的に珍しいものだそうですが、それもよく知りません。

天狗みくじ
天狗みくじ

神社には天狗のおみくじが置いてありました。さすが鞍馬。引いてみることはしませんでしたが、「天狗が来るよ。3点」なんて書いてあるんでしょうか。それじゃあ点取り占いです。

鞍馬寺
鞍馬寺

砂利道のつづら折りを登っていくと鞍馬寺本堂へと至ります。

ここでは宇宙エネルギーそのものを神と祭っていて、探り出すと実に深い世界で、なおかつ現実的な知性なのでありますが、とりあえず本堂は表象。真のパワーは奥の院にあるんで、それは後段に譲ります。

すぐ裏手にある霊宝殿も捨てがたい。毘沙門天がズラリ並ぶ様はなかなかの迫力で圧倒されます。

狛虎
狛虎

狛犬、完全に虎です。狛虎。虎が外部から侵入しようという魔から聖域を守っています。やたらと強そうです。このへんからもう、普通の神社と思ってもらっては困る、という感じが漂っています。どうですか。

「普通の神社」じゃない、ここは寺院なのでした。でも場の空気から言うと完全に神社です。不思議な空間。

このページへのコメント