宇佐別府―晴読雨読

旅行記

行程

2000-09-09
東京―博多
2000-09-10
博多―行橋―中津
2000-09-11
中津―国東半島―宇佐―別府温泉
2000-09-12
別府温泉―宮崎
2000-09-13
宮崎―延岡
2000-09-14
延岡―臼杵―小倉
2000-09-15
小倉―名古屋
2000-09-16
名古屋―東京

大分から宮崎方面、地味なエリアを回ってきた。中津とか国東半島とか。台風の影響で雨ばかりだったりして、そのぶん読書にはいそしめた。

2000年9月9日(1日目) 台風接近中

午後になって家を出た。どうしてこんなに出発が遅いかと言えば、ゆっくり寝たからだ。新横浜で博多までの切符を買い、「ひかり」で向かう。会社仕事が一段落したので9連休をもらったのだ。そりゃもう心は弾んでいる。だから新幹線がどんどん曇天の方角へ進んでいったとしても構いはしない。週間天気予報では土日が雨で、それ以降は晴れると言っていたしね。

車中で辻仁成『愛をください』を読む。広島あたりで読み終わり、100字レビューを手帳に殴り書けた頃、博多へ到着。いい感じだ。

ホテルに入り、天気予報など見ながら明日の旅程を練る。台風が接近しつつある。壱岐・対馬へ渡ってみようかと事前調査で思っていたのだが、そのために連絡船の発着する博多へやってきたのだが、船は危なそうなので(帰れなくなる恐れがあるので)やめることにした。とりあえず別府方面へ向かってみようか? どこへ行こうが自由だ、ということが嬉しい。予定は未定にしておいたほうが旅は楽しい。

2000年9月10日(2日目) じりじりと南下

行橋、中山公園
行橋、中山公園

駅で宮崎行きの乗車券を買った。「予定は未定に」と言ったばかりでナンだが、途中下車しながら宮崎くらいまでは行くだろう、という切符だ。

小倉まで戻り(この区間無駄足だけれども)、日豊本線で南下、行橋(ゆくはし)で下車する。何かありそうな気がしたので。駅で観光パンフレットを入手して読むと、「リバーサイドな風景が、行橋の魅力ってうわさ、ホントです。」とある。そんなうわさは聞いたことがないが、ホントか。とりあえずリバーサイドとやらをめざそう。

途中、やはりパンフレットに乗っていた中山公園(写真)で、スーパーで買ったパンの昼食。パンフレットには「市民の憩の場」と書いてあるのだが、人っ子一人いやしない。日曜なのに。

行橋リバーサイド
行橋リバーサイド

リバーサイドだ。今川河畔。花の季節はそれはそれは魅力的なんだろう。天気もいいので小1時間昼寝する。寺山修司の『書を捨てよ、町へ出よう』を読む。「自殺学入門」が、晴れた川縁に実によく似合う。

パンフレットによれば郊外にいろいろと面白そうな見所があるのだが、そこまで歩く元気もないしバスに乗るほどでもないので、とりあえずだらだらとする。それから正八幡神社へ寄って(狛犬の成形過程は面白い)、駅へ戻る。

赤壁合元寺
赤壁合元寺

列車で大分県へ入り、中津で下車。福沢諭吉の町だ。歴史をたどるモデルコースが整備されていて、案内板も立ち分かりやすい。

駅からしばらく歩くと、寺の立ち並ぶ界隈になる。写真の合元寺はこの赤い壁が特異な印象。なんでも、血で染まった壁を隠すために赤く塗られたといういわれがある。

門の前に犬が座っていて、カメラを構えたら恐ろしい勢いで飛びさっていった。向いの原っぱで猫を追いかけている。

赤壁の番犬
赤壁の番犬

参拝しているうちに戻ってきた犬。どうやらここが定位置のようだ。

しばらく犬とじゃれて座っていたのだが、おばさんがカメラを構えているので邪魔にならないように立ちあがる。

実はこのおばさんとは追いつ追われつ、この先中津城まで同行状態となる。モデルコースに従って同じルートを歩いているので必然的にそうなってしまうのだ。駅で入手した「町歩きマップ」を彼女も所持していたし。ありがちなことだが。途中僕はルートを一部「はしょった」のだが、その「はしょり方」さえも同じでびっくりしたりする。こういう場合、非常に困る。相手が見目麗しい乙女であったなら、声を掛けて一緒に歩くのもまた旅の風情なのだが、なんというか、そういう方ではなかったので、お互いに明確に意識しあいつつ、無言で歩く。

円応寺にある河童の墓
円応寺にある河童の墓

合元寺の先の円応寺には河童の墓があった。昔、ここの住職のもとで修行をした河童だそうだ。東北には時々ある話だが(本当か)、九州でも河童伝説があるんだな。

並ぶ寺はどれもこういった特徴があり、なかなか飽きさせない。

このページへのコメント