失われたトキ、見出されたトキ

旅行記

行程

2001-10-06
東京―新潟
2001-10-07
新潟―両津―新穂―真野―相川
2001-10-08
相川―両津―東京

佐渡へ。阿部和重『ニッポニアニッポン』を読んでトキに会いたくなったのだ。写真データが壊れてしまったので写真はない。

2001年10月6日(1日目) ある日佐渡へ行きたくなってね。

新潟駅
新潟駅

今回はトキを訪ねての佐渡一人旅だ。しかし、デジカメのデータがふっとんでしまい、新潟市の数枚のみ救出できたのみで、佐渡部分全滅。前回の函館ではデジカメ自体を紛失し、今回はこれかい。しようがないので、使うつもりもなかった写真も全部使って(といっても3点だ)、後半は文章だけになるけれど、勘弁願いたい。

さて。気をとりなおして。3連休に佐渡へ行ってきた。前日の夜、ベッドで横になりながらどっか行きたいなと考えてたのだけれど、不意にトキが見たくなって、ついでに「失われたトキ、見出されたトキ」というタイトルも一緒に思い浮かんで、ひとりで大笑いしながら(実は内輪ウケ狙いでまったく意味はないんだけれど)よし佐渡にしようと。そういうよく分からない動機に突き動かされつつ、翌朝、のんびりしてたら出発が昼になったんだけども、新幹線に乗り込んだのである。

そういったらアホっぽいのでフォローさせてもらえば、最近読んだ阿部和重『ニッポニアニッポン』で佐渡が舞台になるんだよ。トキが重要な役割を担う小説でね。これが前提にありつつの、佐渡。小説内では新潟ゆきの新幹線でひとつの出会いがあるのだけれど、そんなこともあるはずもなく新潟へ入る。

万代橋
万代橋

新潟駅に到着すると午後3時。今から佐渡へ渡ると宿入って寝るだけになるけれど、小旅館しかないはずの佐渡でこの連休に宿なんてとれるのかしらんと、駅前の観光案内所で入手したパンフレットに載ってた旅館に電話、満室だと断られ、くじけ、佐渡へ渡るのは明日にして、今日は新潟宿泊と決める。

新潟の街を歩こう。学生時代に訪れたことがあり主なみどころは見てしまってるので、今日は北上、海を目指してとりあえず歩くことにした。駅前の通りをまっすぐに、橋を渡り、新潟旧市街を抜け、ドッペリ坂(ドイツ語)を登り、森を越え、なぜかロードレース中の給水地点を邪魔にならないように急ぎ足で過ぎると日本海だ。

日本海を眺めて
日本海を眺めて

海辺へ降り、右手にはカップルが座っていたので左手へ歩いて腰をおろす。陽が傾きかけた海を、防波堤に座ってぼんやりと眺める。海を見るのが好きだ。波が地を叩くどうんという音が好きだ。何もしない。時を失ってゆくという実感が心を癒してくれる。時間が無駄に流れてゆくという実感だけが、どこにも隙間のない会社仕事の気ぜわしさから解放してくれる。結局ね、仕事疲れを癒したい気持ちがすごくあってね、どうしても旅に出たくなったわけなんだけれど、そのためには時間を無駄に費やすことが一番なんだ。

それでも1時間ばかり座っていると寒くなってきたので(風邪が治りかけってところでもあるので)戻り、ソバ屋へ。今日のゴルフのできばえやキャディの質について延々語っている中年グループの隣で、静かにソバをビールで流す。

駅前のビジネスホテルで眠る。夜中、部活の試合が明日あるらしい(という会話が嫌でも聞こえてくる)高校生男女が廊下を走り回っては青春していてなかなか眠れない。

2001年10月7日(2日目) トキはどこに?

朝、港へ向かい、ジェットフォイルで佐渡へ渡る。「水面を浮くように走る」船だね。飛行機のようなシートで、ベルトを締める。佐渡観光マップを眺めながら約1時間で佐渡、両津港に到着。

とりあえず、今回の目的である、トキを見にいくことにする。路線バスでは行けないようだったのでタクシーで。佐渡が初めてだと聞くと運転手が「右に見えてるのが加茂湖。昔は淡水だったんだけど、船入れるために割ったから今は海水が入ってるんだ」などと観光案内をしてくれる。「帰りの足はどうするの? メーター降ろして待ってようか?」と提案してくれる親切な人だ。バス路線のある通りまでここからは2キロほどなので「歩くのでいいです」と辞退し、トキ保護センターへ。

さすがに観光スポットらしく、観光バスのツアー客が大勢来ている。公園の入口にはトキのぬいぐるみなんかを売っている出店があったり、見せ物としてのトキの哀しみを感じるには充分な環境だ。

まず、手前に資料展示館がある。トキの生態、世界分布などの展示。その奥にトキのケージがあるわけだ。で、、、全然見えない。遠すぎるのだ。トキを驚かさないようにという配慮のもと、人が入れるエリアのずーっと向こうにケージがあるんだな。ユウユウが入っているらしいところは最深部で、米粒ほどにも見えない。もう少し手前にシンシンだかアイアイだかがいるのだが、カメラのズームを最大にしてファインダーを覗くとなんとか「トキである」ことが確認できる程度。しかも、何羽もいるのだ。お前らは誰だ? 絶滅が危惧される種にしてはいやに賑やかなトキ籠。それを観光客たちは東京タワーの展望台にあるような望遠鏡で覗くのだ。なんだか微妙に脱力する。

『ニッポニアニッポン』で主人公がここを訪れ、ああなってこうなるのだな(読んでない人のために自粛)。そのなかでも「遠い」ことは触れられてるのだが、「こんなに大勢いらっしゃる」とは知らなかった。

早々に施設を出て歩く。新穂の田園風景。小川が流れ、遠く山裾に民家が点々とある。この辺りの風景はうちの田舎に似ていて懐かしい感じ。同じ日本海の農村だから似てていんだろうけど。歩いていると牛の匂いがしてくる。ますます懐かしい。道端に牛小屋があった。2頭がじっとこちらを見つめていた。いいムードだね。

しばらく行くと、太鼓の音が聞こえてくる。祭りだろうか。その音に引き寄せられるように歩くと、「鬼太鼓inにいぼ」というフェスのよう。舞台で鬼が太鼓を叩いている。佐渡の郷土芸能で獅子舞の一種ということらしい。たまたま年に一度のその日だった模様。露店もいっぱい出ていて賑やかだ。こういう「牛の匂いがする、どこだ?」あるいは「太鼓の音がするぞ、行ってみよう」という身軽さを僕は最重要視しているわけで、そのために事前に予定は立てないようにしているのだが、「これこそが旅だ!」と力説するつもりはあまりなかったりする。

さて、そこからバスに乗り、真野のほうへ向かう。観光パンフレットの受け売りでいえば、佐渡には三つの文化の流れがあるんだ。まず流人がもたらした貴族文化。そして金山を管轄した武家文化。さらに千石船を中心とする商人の文化。それぞれ真野・相川・小木という町が中心となっている。その真野。すなわち貴族文化、寺社が並ぶエリアなわけだ。観光マップで見て、いいかもしれんとやってきたわけだ。

バス停竹田橋で降りてまずは能舞台の残る大膳神社。緑のなか、人の気配のまったくないなかでぽつんと立つ舞台はひどく場違いな印象を与えるが、民衆のなかに降りてきた能という世界はソソるものはある。その先の妙宣寺には県内唯一の五重塔が。優美なフォルム。都の文化人が流されてきた歴史がなければ存在しないはずのもので、複雑な時代のうごめきにしばし見とれる。さらにアップダウンある山道を歩くと国分寺がある。現在堂宇のある国分寺に、まだ発掘調査中の当時の国分寺跡が並んである。この「跡」のほうが好きだな。想像が広がるので。草の上に座り、リュックからペットボトルのお茶を取り出して飲み、あくまで青い空を見上げる。主要道からかなり離れているので誰も来ない。車も通らない。

真野の市街地まで歩くと、「まのワクワクまつり」という幟が立っている。どうやら今日真野公園で開催されているらしい。どんな祭りなのかまったく想像できず、見にいきたい衝動に駆られるのだが真野公園がどこにあるのか分からず断念。腹が減ったので食事処もない町で雑貨屋に入り時計を見るともう2時だ。腹も減るわけだ。見たこともないようなローカルブランドのパンを二つ三つ買う。「相川へバスで行きたいんですけど、この辺にバス停あります?」と店番のおばあさんに訪ねる。「向こうの(といって表まで出て指差す)バス停から佐和田ゆきがあるよ」という彼女に何度か問い返し、佐和田まで行って乗り換えるのだと判明。承知して、バス停ベンチに座ってパンを食べる。真野公園の場所を聞けばよかったとあとで思ったのだが、歩いてた猫にパンを投げ与えたりしながらやってきたバスに乗る。

このページへのコメント