伊香保慕情

旅行記

行程

2002-02-24
東京―渋川―伊香保温泉
2002-02-25
伊香保温泉―高崎―東京

群馬県は伊香保温泉に行って来ました。一泊二日、気軽な温泉旅です。名高い温泉地はやはり一度は行っておきたいところです。

2002年2月24日(1日目) 石段街散策

雑巾絞り
雑巾絞り

今回の旅も会社の同僚と行ったんですが、途中で2人抜け2人合流するため、参加人数7人なのに7人が揃ってるのが15分たらずという奇妙なパーティとなってます。日~月曜という日程だから無理もないのですけれど、僕も月曜を悠々休んでいられる状態ではなかったので、仕事先の電話番号控えてきてます。そんな落ち着けない温泉絵巻。

まず東京駅から先発する5人は僕以外はすべて女性。幹事業を請け負っているのであながち間違いではないのですが、早くも引率者のような気分です。新幹線で山並みを眺めながら小一時間で高崎駅に到着。普通列車に乗り換え、渋川まで。

写真は渋川駅前にあったブロンズ像。ちょっとネットで調べてもみたのですが、この娘が何者なのか分かりません。「雑巾を絞っている」像だという誰かの指摘を反駁する義務もなかったので、そのような印象になってますが、こんなに胸をはって雑巾絞るこたぁねぇよなぁ。知ってる人は教えて。

石段街
石段街

渋川からバスで30分ほどで伊香保温泉へと着きます。思ったより寒く、日陰には雪が残っています。民家の軒先のような路地裏を通り抜け、飼い犬に吠えられたりしながら、一旦荷物を預けに宿へ。

この辺で昼食にしたいのだがどこがいいだろうかとフロントの方に訪ねると、「いけや」という蕎麦屋を勧められました。どうやらフロントの方の友人がやっている店だそうで、そんなこと言わなきゃいいのになぁ説得力2割減だよなぁと僕も同行者も疑惑の目をしているというのに、「近いですよ」とまったく意に介さぬ様子。で、ほかにあてもなかったのでそちらへ向かうことにしました。

田舎の方が言う「近い」というのは倍ぐらいに考えなきゃならないってのが世の常。「この便利な時代でも機械が買えない」というキャッチフレーズ(「手打ち」を強調してるわけですね)が完全に狙っている看板をたよりに随分歩きまして、なんとか到着。自宅を改装して店にしている落ち着き感があり、蕎麦自体もなかなかにおいしゅうございました。アド街ックで紹介もされたのですね?

さて石段街へ。この360段の石段があまりに有名ですよね。源泉地から湯を引くにあたって、石段の下に樋を敷設する形で設計されたものです。湯が流れている様子を見られる小窓がところどころに空いています。ここから各旅館へ湯が分岐してゆくわけで、当時のいろいろな力関係により引き入れの可否、あるいは引き入れ量など厳密に決められ、現在もそれが受け継がれているのだとか。

伊香保を歌った与謝野晶子の詩が刻まれている部分もあり、古くから文人墨客に愛された伊香保の歴史を語りますね。

案内板
案内板

案内板もレトロな味で、伊香保温泉としてのトータルイメージを考えて作られています。石段の下方には日帰り入浴施設「石段の湯」や関所跡、上方には伊香保神社や立ち寄り露天風呂なんかがあります。

そうそう、話は前後するのですが、関所跡にはいわゆる「顔ハメ」があり、えーとこの用語で通じるのかな、侍なボードの顔の部分に穴が空いてて後ろから顔出して記念撮影したりするあれですが、入館料払って見るほどのものでもないよなぁと表にあった顔ハメだけで盛り上がってたのでした。女性4人男1人のグループですから、当然僕がお姫様にハマります。世の中そういうシステムです。

田中屋
田中屋

とりあえず、石段街をゆっくり上まで行ってみることにしました。

石段街沿いには各種みやげの店があったりするのですが、いわゆる温泉饅頭の「湯の花まんじゅう」が名物。湯の色に似せた褐色の饅頭です。店内で主人がやる気なさそうに製造している風景が見られます。バラ買いができるので、みなでひとつずつ買って店先でぱくついてみたり。旨い旨いって言ってたら宣伝効果抜群でほかのお客さん呼び寄せちゃったり。ついでに宣伝しておきましょうか、リンク先にも名前が出てくる田中屋さんです。甘さ控えめで食べやすいものでしたよ。

さらに登ると、思ったよりもあっけなく石段は終了し、伊香保神社に至ります。投票箱みたいな形状の賽銭箱に銭を投げ、必然性なくお祈りしたり。

飲泉所
飲泉所

伊香保神社から10分ほど登ると、飲泉所があります。

別に珍しくもない、源泉が飲めるという趣向のところですが、これが強烈な味わい。鉄分が濃いため、ブリキのバケツで一日寝かせた日なた水みたいな味がします。ひしゃくで飲むわけなんですが「ひしゃくの味がする」という台詞も飛び出しつつね。

横にある水は口直しのために出てるのでしょう。飲むことでいろんな効能があるわけですが、二度とは飲めませんね。「まずッ」「どれどれ」「やっぱまずいっ」と言いながら全員順番に試してみるのが旅のオキテでしょうか。

露天風呂
露天風呂

さらに10分ほど歩くと露天風呂があります。源泉地にそのまま湯を溜めて造られた共同湯で、露天風呂しかないところです。湯船に囲いをつけて、ついでに受け付け造りましたというような簡素な小屋造り。昔は混浴だったところを、真ん中に壁を作って男女に割っています。

戸を開けるといきなり正面に湯船があり、そのサイドにちいさく脱衣場があります。思ったより混雑していて、すいてたら中の写真も撮ろうと思ってたのですが撮れませんでした。いや、一度カメラを構えたのですが、堅気でない風なお兄さんにファインダー越しに睨まれたので挫けました。

湯船は二つに仕切られていて、温めの湯と熱い湯に分かれています。寒い季節ですから熱いほうが大混雑。錆色に濁った湯に浸かります。特に眺望が開けてるわけでもないですし、泳げたりする広さもない平凡といえば平凡な湯ですが、みな静かに湯治場なムードを楽しみながら浸かっています。先ほどの堅気でないお兄さんは刀傷でも癒してるのかもしれません。お湯は効き目のありそうな実にいい湯でしたし。

このページへのコメント