鶴岡・酒田の豪邸めぐり

旅行記

行程

2005-05-03
東京―新発田
2005-05-04
新発田―村上―鼠ヶ関―鶴岡
2005-05-05
鶴岡―酒田
2005-05-06
酒田―庄内―東京

日本海沿いに山形を北上。新発田、村上、鶴岡、酒田。地味なエリアだからか、ゴールデンウィークなのにあまり人はいませんでした。

2005年5月3日(1日目) 新発田の城下町散歩

堀くらいしかないけど新発田城
堀くらいしかないけど新発田城

学生時代にもなんとなく立ち寄ったことがあるのだけれど、今回もなんとなくやってきた新発田(しばた)。私(芝田)とは何の縁もないんですが親近感を感じる町です。「しばた観光親善大使になりませんか」なんてポスター見てもちょっとどきりとします。しかし駅前はひどい寂れようで、正面のミスタードーナツが潰れたまま店舗放置されてたりして。

「北朝鮮事情に詳しい作家」ということでテレビに呼ばれたりしてる村上龍の監督映画「限りなく透明に近いブルー」でデビューした三田村邦彦が新発田の出身だそうで。ってもう遠すぎて何を言ってるのか分かりませんが。

とりあえず市内観光に。駅で入手した観光マップはやたらデフォルメされてて道がよく分からず、飲み屋街に迷い込んでうろうろ。前方から歩いてきた家族連れに「新発田城ってどこにあるんでしょう?」と聞かれる。あらら、僕も新発田城へ向かってるんですよ……。

「一緒に探しましょう」というのも面倒なので、「健闘を祈る」とかなんとか言いながら家族連れとは別れ、しばらく歩いたら発見しました。写真のような堀と、門、櫓が立ってます。城であった敷地のほとんどが陸上自衛隊駐屯地となっていて、櫓から並ぶジープや施設が見下ろせる。そのなかにもしかしたら現在もお侍さんがいるのでしょうか。

東屋から眺める清水園
東屋から眺める清水園

さらに歩いて清水園へ。新発田藩の下屋敷であったところで、美しい庭園があります。メダカがピチピチ跳ねるのを眺めながら東屋で休む。紅葉の頃が一番美しいかもしれない、と思います。学生時代に立ち寄ったときにもこの清水園だけ見たはずなんですが、記憶に残っていません。10年も前のこと。冬だったような気もします。

もう陽が傾いてきました。ノートPCを開き、今後の予定を思案。今回の旅ではとりあえず山形県の酒田までゆるゆる北上しようと、新潟経由で酒田までの切符を買ってあります。今日中に鶴岡まで出てしまうかどうか迷っていたのですが、鶴岡までの道中でも立ち寄りたいものがあったので今日は新発田で宿泊することに決めました。

清水園の向かい側には足軽長屋があります。とはいうものの長屋がでんと置いてあるだけで「ふーん」という程度でしょうかね。

宝光寺の山門にくっついてる狛犬
宝光寺の山門にくっついてる狛犬

そばにある宝光寺は新発田藩主の菩提寺。山門の梁には狛犬がくっついています。どことなく微笑んでる愛嬌のある表情。

駅に戻ってホテルへ電話し、空き部屋見つけてチェックイン。荷物を置いて夕食を食べに出ます。寂れきった駅前商店街へ。この後向かう鶴岡も酒田もそうですが、繁華街が駅から離れているというか繁華街が駅まで届いてないというか、駅前はしょんぼりしてるところが地方の都市では多いですね。駅前の交通至便なビジネスホテルに泊まるとこういうところで困ります。

新幹線で読み始めた白石一文『僕のなかの壊れていない部分』をホテルで読了。結構気に入ったので満点つけるかもしれません。

2005年5月4日(2日目) 鼠ヶ関ウォーク

イヨボヤ会館。鮭まみれ
イヨボヤ会館。鮭まみれ

朝の電車に乗って北上、1時間の接続待ちのある村上で下車。

鮭専門の博物館、イヨボヤ会館へ立ち寄りました。実際の河川の中をガラス越しに覗ける半地下の展示部屋が鮭遡上の時期(秋か)にはすごいことになるんでしょうが、この時期は小さな川魚が見られる程度でした。それよりも稚魚がみっちり高密度で詰まった水槽が圧巻。

鮭漁や鮭料理についても紹介されてる。「かわいいね」って言うだけじゃなくって「喰うもんなんだよ、鮭は」という思い切りのよい展示です。

念珠関址の碑
念珠関址の碑

会館裏のサーモンパーク(鮭公園)で日向ぼっこしてるうちに時間になったので駅へ戻り、さらにしばらく北上した鼠ヶ関(ねずがせき)で下車。古い関所の跡で、現在でも新潟と山形の県境です。

民宿の庭先にある関所の跡は石碑が立つのみ。関所は17世紀に移転してて、ここは近世の関所跡。勧進帳の舞台とも言われる古代の念珠関は違う場所らしい。

次の列車まで3時間近くあるので、付近をちょっと歩いてみる。港町です。昼食とれるところも見つけなきゃ。なんだか太鼓の音がするな、お祭りの練習なんだろうか。

大漁旗フェスティバルどんどこどん
大漁旗フェスティバルどんどこどん

と思っていたら練習ではなく本番でした。大漁旗フェスティバル。誰もいない港を寂しく歩く絵を想像して来たのですが、結構な賑わい。牡蠣焼いてたりイカの一夜干しが叩き売られてたり。

漁港の横は人工の岩場と砂浜が整備されたマリンパークとなっていて、そちらも人がいっぱいです。しばらくベンチで戸梶圭太『闇の楽園』を読んでたんですが、騒々しくて落ち着かなかったのとお腹もすいてきたので去る。

近くの寿司屋に入るといっぱいで座れません。祭りだと知らずに来てしまったのですべて予定外です。静かな駅(無人駅です)に戻って休もうか。よぼよぼのおばあさんがやってる酒屋でメロンパンと缶ビールを買って、駅のホームに座り込んでの昼食。

まだ列車時刻まで1時間あるというところで読書に飽き、隣駅まで歩いてみることにします。東京の一駅とはわけが違うけれども、多分5~6キロ、1時間あればたどり着けるはず、と。

海岸に沿って国道をわしわし歩く。左手に変化のある海岸線、右手に山と畑を眺めながらで楽しい。小岩川の町に入って右手奥に駅舎のようなものがちらりと見えたのですが「→小岩川駅」というような道路標識がなく、あまり道に迷ったりしてる時間はないのでちょっと不安に。まぁ行ってみようと国道を折れしばらく歩くと小岩川駅に到着。ほどなく滑りこんできた列車に乗れました。よかった。

どうせやるなら鼠ヶ関のひとつ手前の駅から、歩いて関所を越えるなんてことをしてもよかったんですが、突発的試みということで。

鶴岡到着。駅周辺を散策し、さきほど1時間歩いた疲労も出てきたのでホテルへ。全室にLANが来ているα-1で、フロントに借りたLANケーブルでノートをつなぐと快適なネット環境。嬉しいね。『闇の楽園』が厚くてなかなか読み終わらず難儀しながら眠る。

このページへのコメント