肥薩線で鉄ちゃんのふり

旅行記

行程

2005-10-23
東京―博多
2005-10-24
博多―八代
2005-10-25
八代―球磨―人吉
2005-10-26
人吉―吉松―隼人―国分―都城
2005-10-27
都城―高千穂峰―霧島温泉郷
2005-10-28
霧島温泉郷―鹿児島
2005-10-29
鹿児島―東京

熊本は八代から鹿児島方面へ縦断する肥薩線。風光明媚な路線として知られる肥薩線に乗ってみました。霧島は高千穂峰へ登ったりもします。

2005年10月23日(1日目) 博多まで

昼に東京を出、新幹線に延々乗って博多に着くともう夜だ。

ホテルに荷物を置いて、駅前にあったブックオフへ。文芸単行本棚は、もうこの新刊並んでるのかよ、早っ!と四度ほど叫んだ充実ぶり。文庫を1冊購入する。それから近くにあったラーメン屋へ入って夕食。ホテルへ戻って明日の旅程を考えながら眠った。

2005年10月24日(2日目) とりあえず八代

前川の川べりでだらだら
前川の川べりでだらだら

車窓にセイタカアワダチソウの黄色が一面に広がるなかを鈍行は走る。大牟田で乗り換えついでに立ち食いうどん、熊本で途中下車しようかどうか迷ったがそのまま終点八代まで。

本屋でるるぶとまっぷるを見比べ、どちらにも八代の地図が載ってなかったので買わず、PCでGoogleMapsを開いて周辺地理を頭に入れてからぶらぶら歩く。川べりへ出たので光る川面を見ながら腰を下ろし、しばらく本を読んだ。

球磨川から分かれたばかりの支流、前川。河口に近いぬるい川で、清涼感はないのだけれど、のんびりするのは好適。堰の前には釣り人。サギがときおり波紋を立てて魚を狙う。

こぢんまりした八代城跡
こぢんまりした八代城跡

学生の頃に八代へは来たことがある。夜着いて、野宿して、駅のトイレで顔を洗っていたら職務質問されてまた列車に乗り込んだだけだったのだが。陽が傾いてきたので立ち上がり、今回は観光もしておくことにしよう。

みどころの集中する市街中心部は駅から20分以上歩いたところにある。八代城跡は本丸が神社になっているほか、石垣と堀が残るのみ。そばのみどころ、松浜軒は定休日。向かいの博物館も定休日。それではちょっと心残りなので、今日はこのへんで泊まって、明日の朝また来てみようか。

「水辺のプロムナード」にあった変なベンチ
「水辺のプロムナード」にあった変なベンチ

周辺をぶらつき、城のお堀へ球磨川から水を引いているという用水沿いに、下校途中の中学生とすれ違いながら歩く。正体のよく分からないベンチが置かれていた。きちんと全体見て監修しないとコンセプト不明の町になってしまうよ。

夕食に古ぼけた定食屋に入り、カツ丼とそばのセットをと頼むと驚愕される。そばどこにあったっけ?と厨房で捜索している声が聞こえる。恐らくうどんがメインの店なんだろう。というかうどんがメインのエリアなんだろうか。昼にうどんを取ったので夜はそばに、というだけだったのだが。

2005年10月25日(3日目) 球磨川に沿って

無料公開中になっちゃってた松浜軒の庭園
無料公開中になっちゃってた松浜軒の庭園

八代の朝。昨日は休みだった、松浜軒の庭を散策する。現在は埋め立てで内陸になっているが当時は海辺にあったという城主松井家の別邸庭園だ。現在も松井家子孫が住んでいる住居でもあるところがすごい。

受付に誰もいなくて、何度か呼ばわったのだが結局入園料を払わずに入る。花の季節ではないのでやや彩りに欠けるという点、掃除の方々が多すぎる点を差引いても、趣ある庭園。出るときにも誰もいない。園内の稲荷社へ供え物を運んでいるらしき方(松井氏?)にすれ違っても呼び止めもされなかったのでそのまま出てきてしまった。ごめんなさい。

「外観凝りました」風の未来の森ミュージアム
「外観凝りました」風の未来の森ミュージアム

道を挟んで向かいには八代市立博物館、未来の森ミュージアムがある。「大名細川家」展をやっており、文武史料が並んでいる。なかでも織田信長が細川忠興に送った感状は、信長の自筆が確認できる史料としては日本で唯一のもの。強烈なオーラがある。

古代から現在に至るまでの八代の歴史を見せる常設展示部分はやや散漫かなと思ったけれど。

20分ほど歩いて(バス便もなくはないが、本数少なし)八代駅へ戻ると、肥薩線の目当てにしてた列車は出たばかり、次は1時間後だとか。がっかりして待合室で昼食にする。

このページへのコメント