家康の城、信長の城

旅行記

行程

2006-12-28
東京―静岡―岡崎
2006-12-29
岡崎―名古屋
2006-12-30
名古屋―岐阜―福井
2006-12-31
福井―七尾

正月帰省の往路で立ち寄ったお城のレポート。家康の生誕地岡崎から信長の居城岐阜へと向かいます。いずれもパワースポット。

2006年12月28日(1日目) 静岡に小一時間

僕の郷里は能登にあって、東京から帰郷するためにはいろんなルートが選択肢としてある。どのルートを途ろうかと考えること、あるいは考えながら動くこと、それ自体がおそらく僕にとっての旅だ。

もちろん事前に情報収集はする。今回、とりあえず寄ってみようと思ったのは久能山だった。静岡、徳川家康の墓所のある。それで静岡まで新幹線の切符を買って乗り込んだのだ。

静岡で下車し、午を下っていたので目に付いた回転寿司屋に入り遅めの昼食。さてやおら久能山だ。しかしながらビールの泡のうちになんだか面倒な心持になってしまっていて、久能山まで行くのはあっさりやめることにした。つまりここであらかじめ用意してきたカードは失ってしまった。しばし唸り、青春18切符を購入、鈍行で西行することにした。

二度ほど列車を乗り継ぎ、前の席に座っていた女性につられるように降りたのは岡崎。ああもう日暮れだ。

2006年12月29日(2日目) 猫と岡崎で

岡崎城は休館日
岡崎城は休館日

ホテルを出ると粉雪が舞っている。寒い! 肩を縮ませながら宿場町であった周辺を歩き、何がどこだか分かんねぇと零しながら、家康ゆかりの岡崎城へと向かう。

岡崎。久能山をスルーしたものの、結果的に家康に引っ張られてきたわけだ。現在は家康ゆかりのというよりは「純情きらり」の舞台として訪れる人も多いのだろうか。ロケに使われた味噌蔵なども観光スポットになっているようだが、そんなテレビ小説は見ていないのでもちろんロケ地めぐりなんてしない。

1542年、家康はこの岡崎城で誕生し、天下統一の足がかりをこの地で固めて行くことになる。上昇の気が湧く場所だ。年末年始の休みに入っていて天守閣は閉まっている。龍城とも呼ばれるそのパワーを感じにきただけなので休みでも別に構わない。龍が立ち昇ったという井戸に拍手を打ったり、野良猫を追いかけて逃げられたりしながら本丸で過ごす。

城を取り囲む岡崎公園では三河武士の資料を展示する「家康館」などがあるがすべて休館。からくり時計だけが寂しく開閉している。いや寂しいのはからくり時計ではない。からくり時計動いてら。といって走ったものの、カメラをバッグから漁っているうちに目の前で扉が閉じていってしまい、小さく震える僕のほうがよっぽど寂しい。

大樹寺の上品な猫
大樹寺の上品な猫

電車で二駅ほど北上したところにある大樹寺へ。岡崎城の鬼門の守りにあたる、徳川家、松平家の菩提寺だ。葵の紋があちこちで見られ、幕府の庇護下で繁栄した往時を偲ばせる。

本堂に上がり、拝観順路に沿って襖絵などを見て歩いていると猫がいた。寺の飼い猫のようで堂々とした威風、畳敷きの廊下に座って、挨拶をしてもつんとしている。さすがは徳川家のお猫さまだ。

ここの見どころは、歴代将軍それぞれの身長にあわせて作られた位牌が並ぶ位牌堂。綱吉はこんなに小さな人物だったのか、などひとつひとつ見て行くと、最奥に家康公木像がある。家康の肖像としては有名なもの(戦前の教科書に載っていたのだとか)で威厳のある顔付きをして座す。しばらく対峙して。

その後は名古屋に出て、地下街をうろついて過ごす。年末になぜこんなに混んでいるのか。田舎に帰るのならさっさと帰ったらいいじゃないか。

2006年12月30日(3日目) 岐阜、金華山へ

唐突にリス村
唐突にリス村

岐阜に立ち寄る。昔駅前をぶらつくだけの途中下車をしたことはあるが、きちんと訪ねるのは初めてだ。きちんと、といっても、金華山に登りにきただけで他の目的はない。パワースポットとしての金華山を踏みに来たのだ。

龍脈が通る金華山。龍の頭の上には斎藤道三や織田信長の居城、岐阜城が立っている。風水的に強いパワーがある場所と言われていて、以前より関心のあったところだ。

麓の岐阜公園からロープウェイで登る。リス村(なぜ城域にリス村?)を横目で見ながら10分ほど山頂へ向かって歩くと岐阜城天守閣へ着く。金華山を構成する岩塊がいい波動を出しているようにも感じるが、パワーの在り処はよく分からない。もちろんそんなことは分からない。

岐阜城天守閣からの眺め
岐阜城天守閣からの眺め

天守閣自体にはそれほど見るべきものはないが、鎧兜などの資料展示は嫌いではない。長良川の流れる平野を見下ろしていると、天下への野望が立ち現れてくるようなところだ。野望と生活の折り合いのつけ方が大切。

ハイカーが手の平から野鳥(ヤマガラだろうか?)に餌を上げているのを見ながら、ベンチで休んでいると体が温まってくる。平和な日だ。

展望レストランで昼食にする。「名物!」とポップの付いていた飛騨牛カレーをもらうが、この手の観光食堂で旨いものにありつけるはずはない。もちろんそんなことは分かっている。

見上げるような岐阜大仏
見上げるような岐阜大仏

ロープウェイで下山をし、信長の居館跡に立ってみたり、岐阜公園を散策する。昆虫博物館の看板にふらふらと誘われて行くと残念ながら休館日。

バス停でふと横を見ると「日本三大仏」の幟を見つけ、訪ねてみた。奈良、鎌倉の大仏は確定だが、第三位には各地がそれぞれ勝手に名乗っているフシがある複数の候補がある。この岐阜大仏は乾漆仏としては日本一の大きさなのだという。竹で編んだ輪郭に和紙を重ね貼りしたもので、「籠大仏」とも呼ばれる。これがカゴなのかと思って見上げると眩暈がした。

列車に乗って米原まで、さらに雪景色のなか北陸本線を北上する。日が落ちてきたので福井で投宿することにした。福井駅は久しぶりに下車にしてみると駅舎が建て替えられていて驚く。

2006年12月31日(4日目) 移動日

福井をたち、どこかへ立ち寄りながら、夕方に七尾の実家へ着くような見当でいたのだが、金沢で昼食にしたのち寒さのあまり早めに帰ることにした。帰ったら実家には誰もおらず入れず、しばらく漫画喫茶で時間を潰すことになる。(了)

このページへのコメント