彦根安土の城めぐり

旅行記

行程

2007-01-05
七尾―彦根
2007-01-06
彦根―安土―名古屋
2007-01-07
名古屋―東京

正月帰省の復路で立ち寄ったお城のレポート。国宝彦根城からいまだ発掘の続く安土城へ向かいます。「ひこにゃん」がブームになるのはもうちょっと後です。

2007年1月5日(1日目) なんとなく彦根に向かって

青春18切符、鈍行の旅とするとどうしても移動に時間が掛かることになる。もちろん移り変わる景色を眺めて列車に揺られているのが好きなのだが、何が目的なのか分からなくなることはよくある。大概、列車に乗るために来たんじゃないんだよな、と途中下車することになるのだが、この日は郷里の七尾から彦根まで、ほとんどどこにも寄らずに行った。

なぜ彦根なのかは分からない。往路で城に寄ったので帰りも城にしてしまえとでも思ったか。

この日の彦根は駅前のホテルで宿をとったのみ。

2007年1月6日(2日目) 彦根から安土、信長の足跡

彦根城
彦根城

彦根。幕末の大老井伊直弼に連なる井伊家の居城、彦根城を中心として広がる街だ。築城400年を記念した行事に向け整備が行われていた。姫路や松本には及ばないなと感じるが、国宝の天守はそれなりに美しい。

展示点数が多すぎて、出てきたときにはもう何があったか思い出せない彦根城博物館を見学した後、天守閣へ向かう。履物は袋に入れて持って上がれという仕様なのだが、彦根城の階段はほとんど垂直の急角度に誂えられている。靴で片手が塞がっていたらころげ落ちる老人が続出するのではないか。古い天守の階段が急なのは珍しくはないのだが、両手をフリーにさせることで安全を確保する方法ならあるはずだ。

そんないらぬ心配および行政不信を抱えながら最上階へ。眼下に見渡せる琵琶湖は風雅なものだ。波を割って船が進む。また天守を下りた後、庭園・玄宮園から見上げる眺めも充分な風格だ。

安土城の天主は夢の跡
安土城の天主は夢の跡

午後には安土へ足を延ばした。駅から田園の間を抜ける農道をのんびりと歩き、安土城跡へ。

ここは言わずと知れた信長最後の居城。近代城郭建築の先駆けとなったが、完成後まもなく本能寺に落ちることになる夢の跡だ。最近は何か信長に縁がある気がしてやってきた。家康に呼ばれたり信長に呼ばれたり忙しい。

城域は一定程度整備が進んでいるが、まだ発掘調査中で重機が入ったりしている。石段を息を切らして登り、途中、信長の墓に手を合わせてから天主台跡へ。礎石だけが往時を偲ばせる。

摠見寺三重の塔には可愛い鬼瓦
摠見寺三重の塔には可愛い鬼瓦

安土城の西峰には摠見寺がある。信長が建立した寺で、まるで城郭の一部のようにそこにある。

比叡山焼き討ちや一向宗との対峙など仏教を敵視したイメージのある信長だが、仏教そのものを弾圧したわけではない。「兵力」あるいは「勢力」として増長するのを牽制しただけだ。宗教が力を握るのを危険視しただけだ。居城のそばに寺を招聘したことを見るとそんな風にも思える。もちろんそれは良し悪しではなく、「利用できるものを利用できる形にした」ということなのだろうけれど。

知ったようなことを考慮なく書いてしまっているが、重要文化財の三重の塔に据えられていた愛らしい鬼瓦に免じて許してほしい。本堂は残っていないが、この三重の塔は当時の姿を残すもの。大正時代に突然倒壊して建て直したそうだが。

安土城を再現する信長の館
安土城を再現する信長の館

すこし歩いて「安土城考古博物館」「信長の館」へ。

安土城考古博物館では考古史料に、戦国時代の近江の様子を展示する。当時は湖が安土山麓を取り囲んでいて、岬のなかの城であった様子などが目に見えるのは、想像を掻き立てて楽しい。

信長の館は安土城天主の5階・6階部分を原寸で再現したもので、1992年にスペインで行われた万博に出された見世物だ。

きらびやかな装飾。絢爛豪華。金箔が目に痛い。自らの権勢を示すランドマークとして、信長が喜んだことは想像できるのだが、これを日本文化代表として現代の万博に出展するセンスはどうだろう。

再び田圃のなかを歩いて列車に乗り、名古屋まで出て宿泊する。

2007年1月7日(3日目) 名古屋は楽しめず

城めぐりの最後は名古屋、名古屋城で締めようかと思ったのだが、朝起きてみたらどしゃぶりになっている。雨の中を歩き回る気にはなれず、新幹線に乗ってまっすぐ帰ることにした。(了)

このページへのコメント