花咲く頃にはまだ早くても岡山

旅行記

行程

2007-03-04
東京―京都
2007-03-05
京都―紫野―京都―城崎温泉
2007-03-06
城崎温泉―智頭―津山
2007-03-07
津山―中国勝山―新見
2007-03-08
新見―備中高梁―倉敷

京都から城崎温泉へ、鳥取は智頭を経由しながら津山、勝山、備中高梁など岡山を巡って山陰から山陽へ抜ける旅です。その後には広島方面に足を伸ばすんですけど、それはまた別の旅行記にしときます。

2007年3月4日(1日目) 京都まで移動

月曜から金曜まで5日間べったり会社休んでの9連休です。どこか行きたいなと。初日の土曜はゆっくり静養にあてることにして、日曜の午後になってから東京を発ちました。とりあえず京都から城崎、ここまでは出る前に決めました。宿取って出ました。それ以降は風まかせです。いや、風まかせって言いたいだけですけど。

新幹線でしゅっと京都まで。もうすっかり夜の京都で、おばんざい居酒屋かなんかで軽く飲むだけでこの日は終了です。

2007年3月5日(2日目) 京都から城崎へ、ってちょっと遠かったね

苔のなかを伸びる高桐院参道
苔のなかを伸びる高桐院参道

京都は久しぶりです。何年ぶりかな。って言いながらすぐ城崎へ向かうんで、あまり時間取れないんですけどね。小雨まじりの朝になっちゃって、やだねぇって駅前で傘買って、紫野、大徳寺方面へのバスに乗り込みました。月曜の朝だからなのかどうなのか、バスの外も車中もしーんとしてる。

大徳寺はいくつものお寺、塔頭が集まってひとつの寺町みたいになってる広い境内で、観光謝絶ってところが多いんですけどね、拝観できる塔頭もいくつかあります。陰鬱な黒ずくめの僧列とすれ違いつつ、そのなかの高桐院に寄ってみることにしました。

雨に濡れた苔がきらきらと美しい。実は「そうだ 京都、行こう。」って紅葉シーンで知られる参道だったりもするんですけど、春先の苔もまた違った趣がありますね。なかの庭園はもうちょっと侘びさびに振れた苔庭です。

細川忠興が創建した細川家の菩提寺で、明智光秀の娘で細川家に嫁いだガラシャの墓もあります。……帰ってから調べてハハ~ンって言ってるだけで、もちろんそんな知識もないままの立ち寄りだったんですけどね。

茶室。ほらほら
茶室。ほらほら

みどころは千利休邸の広間を移築した書院、意北軒。ぱっと見こきたない部屋なんですけど、そのシミの浮き出た空間にね、老人の鋭い眼光って感じのパワーがあるんです。お寺全体は落ち着いてるんです。ここだけ。ここだけ雰囲気が違うんですよね。何の情念? 何か胸騒ぎするような、肌に痛い圧迫感があったんです。カメラを向けることもできなくって、よろよろと退散します。

その奥には茶室、松向軒って茶室があるんですけど、薄暗いなかを覗き込んだら、わ、誰?って。誰かが座ってるみたいな気配が濃厚にあって、ぴーんて緊張してるんですよ。襟を正して正座したまま、一日哲学してるような人。誰。茶室ってもとよりそういう場なんでしたっけ。ここもあまり長居はできない感じでした。

今宮神社。本殿は普通
今宮神社。本殿は普通

そこから大徳寺を北に抜けると今宮神社があります。疫神を祀る由緒ある神社です。和歌が書かれたしゃれたおみくじがあります。ひいてないですけど。気分によってその重さを変える石もあります。機嫌が悪いと重くなったり、優しく撫でると軽くなったりするんですって。持ち上げてみてないですけど。

そこにいた人懐っこい猫としばらく遊びました。「遊んでくれよぅ、なぁなぁ」「遊ぼう遊ぼう」。

それはいいとして、今回の目当ては「名物あぶり餅」だったりしたんですよ。大徳寺もついでに寄っただけ。さぁいよいよ、って餅方面へ移動。

叩くと怒る石。猫配備
叩くと怒る石。猫配備

あぶり餅って知ってます? こう、一口サイズの餅さした串を束にしてきな粉付けて焼いて、甘い白味噌ダレをかけていただくんです。すんませんね、写真も撮ってなくて。今宮神社参道に「かざりや」「いち和」って歴史あるお店が向かい合うように餅を焼いてて。炭火でうちわパタパタさせながら、そりゃもうすごいいいにおい。ついつい両方食べ較べてしまいました。「かざりや」のほうがしっかりした味で好みだったかなぁ。

神社の猫は、観光客からこのあぶり餅もらって生きてるのかもしれない。「あぶり餅くれよぅ、なぁなぁ」「あげるよぅ」。

そんなところで京都はあとにすることにして、駅弁とビールを買って特急に飛び乗りました。山陰本線を北上、山村のなかを2時間ほど走って城崎温泉に到着。城崎へは2~3回来たことがあるんですけど、ってどっちだ、2回か。今回3回目? これまでの2回は外湯に浸かって去るだけで実は泊まってないんですよ。今回は泊まってみようかなと。

城崎。浴衣娘は小心者なんで撮れません
城崎。浴衣娘は小心者なんで撮れません

宿は城崎最古とかいう山本屋。ネットで評判みながらね。城崎は、浴衣に下駄カラカラ鳴らしながらの外湯めぐりが名物じゃないですか。3月あたま、まだ肌寒い季節ですけど、部屋に荷物置いてしゅっと浴衣着て、さっそく外湯へ。夕食前にまずひとっ風呂は基本ですよね。

この山本屋は筆頭外湯の「一の湯」隣にあるんです。まず一の湯覗きにいったら日帰り客で混み混みだったのでやめて、逆側、柳湯に入りました。小ぢんまりしたいい湯です。

足湯が併設されてる外湯も多いんですけど、柳湯前には通りに面して足湯があります。人通りに向かって腰掛ける、ような形になるわけです。そこにうら若い女の子が太もももあらわに浴衣がーってめくりあげててどきどきしました。

なんだか、以前に来たときよりも客の年齢層が下がってるような気がします。それも女性グループが多い。卒業旅行なんですかね? 浴衣の隙間からぴちぴちな若さが漏れ出しててもう大変危険です。ってこの表現が危険ですね。

川沿いに柳……の町並み自体というよりも、「浴衣で歩く客」が温泉街の風情を作り出してきたのが城崎じゃないですか、客層によって街の印象はダイレクトに変わりますよね。若い浴衣ギャルたちだと、それがイイ!のかイクナイ!のかも分かんなくなるくらい幻惑されて。いやいやいや、僕も若いんですけどね。

宿で夕食、夕食というかカニ?をいただいた後に、あらためて一の湯へ。洞窟風呂があります。ひなびた射的場をひやかして自分もひえちゃったりしながら続いて御所の湯へ。なんでしょうね、みんな清潔で整った湯ばかりですね。あったまって深い眠りに落ちます。

2007年3月6日(3日目) 智頭、粉雪の宿場町

城崎で雪になっちゃった
城崎で雪になっちゃった

朝。雪が降ってました。わー寒い。内風呂にも入ってみることにして、露天の樽風呂(女性は枡風呂)で降り止まない雪を見上げつつ、ゆっくりと出発支度をします。

ここからは鈍行の旅人になります。駅へ行って、とりあえず行き先決まってないけど鳥取まで買っとく?って切符買ったあとで青春18きっぷの期間だと気づいて、切符は払い戻して青春18きっぷを購入。山陰本線を列車で西へ、鳥取方向。どんどん雪は強くなっていって。

架け替え工事が始まるらしい餘部鉄橋ででも途中下車しようかと思ってたんですけど、いや鉄とかそういうんじゃなくて。でもそのあたりではもう吹雪になってたんで降りるのはやめました。30人くらいの中高年グループは一団で降りていきましたけど。「この寒いのに、次の列車までどうやって過ごすんだろうねぇ?」「観光名所だから、お店もいっぱいあるんじゃないの」。

結局途中下車することもなくそのまま鳥取駅まで。地吹雪が走るホームでさっと蕎麦をすすってから、この後どうしようかなって、休憩所でノートPC開けて情報探したり。まぁ有用な情報が得られたわけじゃないんですけど、因美線に入ることにしてみます。あまりひと気のない地域を列車は南下して。そして智頭へ着きます。

このページへのコメント