いわき・水戸・鯉のぼり

旅行記

行程

2009-05-03
福島―小野―いわき
2009-05-04
いわき―いわき湯本温泉―水戸
2009-05-05
水戸―常陸太田―竜神湖―郡山―福島

磐越東線、常磐線、水郡線沿線を周遊し、いわき、水戸を訪ねる旅。いわきは初訪問、水戸は再訪です。子供の日には鯉のぼりも見に行きます。

2009年5月3日(1日目) 磐越東線で行こう

「小野小町生誕の地」を宣言する石碑
「小野小町生誕の地」を宣言する石碑

今回の旅は福島発着になります。謎ということでもなく嫁の実家発着です。旅の目的は磐越東線と水郡線に乗ること……と言ってしまうと悲しい気持ちもあり、もとい、まだ行ったことのない福島浜通り方面へ、という旅です。

福島から新幹線をひと駅だけ乗って、郡山で磐越東線に乗り換え。中通りと浜通り、郡山といわきを結ぶ路線です。沿線のみどころとしては三春、あぶくま洞など。三春は滝桜が有名だけれどもう時期はずれだし、あぶくま洞も家族連れ向けの観光地って気がするなぁと思いながら、この列車の終点小野新町までやってきました。

小野は小野小町の故郷とも言われるところです。「小野小町生誕地」の石碑が立ってます。ただし諸説あり、一般には秋田県湯沢市のほうに部があるようです。でも名乗るのは自由、石碑立てるのも自由です。また「小野温泉」という小さな温泉地でもあります。ここで昼風呂に浸かろうって計画です。

きせいや食堂のカツ丼
きせいや食堂のカツ丼

まずは駅前にあった食堂に入って昼食。「メニューあります?」「入り口の壁んとこ貼ったっから」「(座敷に上がってたのだが靴また履いて見に行く)んー、じゃビールとカツ丼ください」「あいよ(瓶ビール持ってくる)」「・・・グラスもいただいていいですか?」「あははは、ごめんごめん」なんてやりとり。続いて入ってきた客も「メニューあります?」「入り口の壁んとこ貼ったっから」をやってる。

厨房から店主の娘がアイス持って出てきてカウンターで食べてる、そんな田舎町の駅前にありそうな食堂です。それでもカツ丼は思いのほかおいしいものでした。せっかくなので店名も言っておきましょう、きせいや食堂、です。

小野温泉廣太屋、入れず
小野温泉廣太屋、入れず

食後、駅にほど近い、前もって日帰り入浴可と調べてあった温泉旅館「廣太屋」に行ってみると、「只今、休憩中です」って札が立ってて閉まってました。なんということ。

ご用の方はお電話を、と電話番号も書いてはあるのですが、休憩中のところ呼びつけて風呂入らせろというのもナンです。玄関先につながれていた犬と遊びながら待つかなとも思い、近づいたらめちゃめちゃ吼えられてあえなく退散。

うーん、どうするか。周辺のほかのみどころは、「リカちゃんキャッスル」というリカちゃん人形のオープンファクトリーがあります。今日は偶然にもリカちゃんの誕生日らしくイベントもやってます。けどもちろん行きません。そんなところに男ひとりで行ってどうする。

駅で次の列車を待つかと座っていると、「昼のお風呂に入ろうとしたらどこもやってねぇんだ」「お風呂入れるもんだと思ってた、まさかやってないとはねぇ」なんて言いながらおじさんおばさんグループが駅へやってきた。みな同じなんですね。

「籠場の滝」まで待ち切れず一度降りた夏井川渓谷
「籠場の滝」まで待ち切れず一度降りた夏井川渓谷

郡山から小野新町までは列車本数も結構あるんですが、小野新町からいわきまでの区間はぐっと少なくなります。2時間に1本くらい。しばらく待ってやってきた列車に乗って20分ほど、次は江田駅で降ります。もういわきエリアです。

ここは夏井川渓谷という紅葉の名所。四季折々に美しい、とどこかの観光案内にあるのを見てきました。でも駅で下車したのは僕だけだし、やはりオフシーズンなんでしょうね。いや、車で来る人ばかりで列車旅の人なんていないんでしょうかね。

江田駅前がすぐ渓谷ということで、駅からテントが並んでるキャンプ場が見え、その前におそらく川が流れてるんだと思います。見えませんけど。案内によると、渓谷のビューポイント「籠場の滝」までは30分ほど歩かねばなりません。渓谷沿いに散策道みたいなものがあって、水辺の景色を愛でながら歩けるのかとも思ってたんですが、歩道のない車道を、車をよけながら歩く道でした。渓谷はやはり見えません。

唐突に「美術館」
唐突に「美術館」

途中、プレハブの「美術館」がありました。おそらく近所にお住まいのおっちゃんがやってる個人美術館で、所蔵のガラクタ(失礼)か「わしの絵じゃ」を飾ってるんでしょう。B級スポット愛好心を動かされながら近づくと、土曜しか開けてないとの記載があり入れませんでした。残念。

疲れてきた頃、「籠場の滝」の案内板が見えました。向かって右手に見えるあれか、足元のこれか、どこがその滝なのかよく分からないものの、確かにざばざば水が落ちてます。岸壁の荒々しさがいい感じです。柵もなく、足すべらせたら激流に呑まれるポイントまで突き出した岩のうえで、よろけつつ写真を撮ります。

夏井川渓谷の見どころ「籠場の滝」
夏井川渓谷の見どころ「籠場の滝」

やっぱり、全体に見て、紅葉の時期に訪れるのがベストかと思いました。

列車までもうちょっと時間があります。支流沿いの背戸峨廊というところも美しい景色があるらしい、というので入り口まで行ってみたんですが、相当険しい山道で、はしごや鎖を伝って登るような沢登りなんだって。そんなところ行けません。午後2時以降は入山禁止になってたので、すでに過ぎてもいます。

そんなことでいわき駅に出ます。駅前は再開発工事中。あちこちに「平」という表記があります。1994年まで「いわき駅」は「平駅」だったことを思い出しました。当たり前(?)だけどこのあたりは今でも平地区なんですね。

駅前のホテルで宿泊。夕食は中華料理屋で角煮そば。いわきでなぜ中華?という突っ込みは受け付けません。

このページへのコメント