軽井沢に来てまでおもちゃかよ

旅行記

行程

2012-05-26
東京―新軽井沢―北軽井沢
2012-05-27
北軽井沢
2012-05-28
北軽井沢―新軽井沢―旧軽井沢―東京

軽井沢でおもちゃ&遊具三昧。2歳児が遊べるところがこんなにいっぱい、小さい子がいるなら楽しいよ。旧軽井沢は行けないかと思ったら行けました。

2012年05月26日(1日目) ショッピングプラザにて

軽井沢・プリンスショッピングプラザ。芝生を散歩
軽井沢・プリンスショッピングプラザ。芝生を散歩

晩春というのか初夏というのかほどよい気候のなか、軽井沢へ行ってきました。2泊3日、もうずーっとおもちゃ&遊具で子供遊ばせてる旅程という、んー、軽井沢である必要なくね?ってかこれは旅行なのか?という疑義もあるわけですが、軽井沢おもちゃ王国に行ってみよう、と言ったのは僕なので文句はないです。ゴールデンウィークに遠出してなかったのでどこか行きたいなと、子供が喜びそうなスポットがあることは前提にしつつ、いいところないかと探してて白羽の矢が立ったのが軽井沢。会社を1日休んでの土日月です。

ちょっと気に入らないことがあると大癇癪を起こすお年ごろの2歳6ヶ月娘ですが全体的には喜んでくれたんじゃないかと思います。子供連れにはオススメの旅先です。

初日は新幹線でお昼に軽井沢到着。新軽井沢エリア。駅南側に隣接してる「軽井沢・プリンスショッピングプラザ」へ向かいました。芝生の広場を中心とした広い敷地に広がるアウトレットショッピングモールです。うどんとおやきで昼食、ショッピングはそんなに見て回ったわけじゃないです、思いのほか寒かったので娘の上着を一枚買っただけ。

キッズパークではしゃいで
キッズパークではしゃいで

ショッピングプラザの一角にキッズパークがあります。エアーでふわふわなすべり台だとか、ミニ列車、コイン型の遊具だとかがいろいろあります。なんでしょう、用途としてはパパがここで子守をしつつ、ママはショッピングよウフフみたいな使われ方なんでしょうか。一時間やそこらは充分もちます。我々は父母娘の3人でやってきてますけども。

100円入れて地味ーにごとごと動く乗り物なんて、軽井沢に来てまで乗るほどのものかとも思うわけですけど、楽しけりゃよし。

あれは何て言うんだとwikipedia見てたら「エア遊具」が正式名称なんですかね、送風機で空気を入れて、その上(あるいは中)で飛び跳ねて遊べる大型遊具。ここにはドームタイプ、オープンタイプ、スライダーの各種が揃ってます。

スライダーのエア遊具
スライダーのエア遊具

wikipediaのスライダーの説明に「滑ってきた子どもと下で遊んでいた子供で骨折事故が発生したケースもある」とあるんですけども、実際に衝突事故やってしまいました。ウチの娘が滑ってるところに、ふらふら下から寄って来ちゃった子がいてぶつかって。僕はスライダーの上にいて、「あっ」と思ったときには遅く、駆け寄ると娘号泣。相手はケロッと。怪我はどちらもなさそうなのでよかったのですが。

エア遊具、自分が小学生くらいの頃に大好きでよくバク転とかしてたものですけど、今考えたらすごく危ない。小さい子を持つ親の立場になるとひやひやしますね。

ほとんどすべての遊具で遊んでみてたらあっという間に時間がたって、そろそろバス時間。ショッピングゾーンのレゴショップなどを覗いて、軽井沢おもちゃ王国からCMに出張ってきてた着ぐるみキャラクターに「明日行くのでよろしくね」つって、バス乗り場へ。

ホテルグリーンプラザ軽井沢。避暑地風ですね
ホテルグリーンプラザ軽井沢。避暑地風ですね

駅前から送迎バスに乗って45分、今回の宿は北軽井沢にあるホテルグリーンプラザ軽井沢へ。2泊します。写真は2日目の朝に撮ったものですけども、緑のなかのリゾートホテルです。北欧風といえばいいんでしょうか、かわいい外観が目を引きます。

ここは、赤ちゃん&子供連れ向けのプランが充実してます。みんなで並んで寝れるキングサイズベッドを中心に、おむつ用のゴミ箱はもちろん、補助便座やコンセントガードまでつけてある「赤ちゃんプラン専用ルーム」を確保。売店には育児グッズが各種揃ってるし、お風呂もベビー用バスチェアがずらりと並んでます。そんな「ウェルカ~ム」な手招きに乗って、ほとんどの客が小さい子供連れです。

ワサワサ騒々しい面もあるわけですけど、夜泣きしちゃっても「お互い様だよね」って許しあえる感じはいいですね。夜泣きと言うのか、嫌な夢でも見てるのか、夜中に突然、眠りながら大声あげて泣いたりすることがままある娘なので、並びの客室みんなが子連れベビー連れだと思うと気持ちが違います。

そんで温泉。こう見えても温泉宿です。大浴場、露天風呂、洞窟風呂とあって泉質もいい。源泉掛け流しなんですよね。娘も喜び、大浴場と露天風呂を何往復もしてました。割りと遅くまで日帰り入浴を受け入れてるので、それがちょっと落ち着かない雰囲気にしてますけど。

赤ちゃんプランの特典として、DVDが自由に借りられる(プレーヤーは部屋に据え置き)ということがあり、アンパンマンなど見せて、疲れ果てたところで熟睡。

2012年05月27日(2日目) 終日おもちゃ王国

軽井沢おもちゃ王国。ハム太郎のようでハム太郎でないふわふわを中心に
軽井沢おもちゃ王国。ハム太郎のようでハム太郎でないふわふわを中心に

2日目。川の字で寝たはずがH字になってるとか寝相のよい娘を起こして。

軽井沢おもちゃ王国へ。ホテルと同じ系列で、同じ敷地内にあります。ホテル前から循環バスがあるのですが、時間が少しあったので、歩くことにしました。それでも15分ほどで着く場所です。

観覧車やゴーカートなどの乗り物系、ベビー遊具が撒かれてる屋内施設や、渓流釣りなど自然と触れ合うコーナーもあるおもちゃのテーマパーク。

ホテルには「軽井沢おもちゃ王国入場券」が付いてる宿泊プランで入ってるので、しかもそれで2泊してるので、家族全員の入場券が2枚ずつあります。明日も入れるね(謎)なんですけども、ひとまず今日は一日中ここで過ごす予定で来ました。

トミカプラレールランド。鉄橋は脱線する罠つき
トミカプラレールランド。鉄橋は脱線する罠つき

入り口入ってすぐにある、小遊具のある公園(昨日と同じようなベビー広場)にいきなり捕まってますが、「この先にもっと面白いところがいっぱいあるんだよ」「えー、そうなのー?」ってそこを早めに切り上げさせて進みます。一日いるのでそんなに急ぐ必要はないわけですけど……。

パビリオンになってる屋内施設が充実してるんです。そっちのほうが面白そうだと。まず行ってみたのは「トミカプラレールランド」。プラレールで自由に遊べるスペース。男の子向けですが、女の子も楽しめます。新幹線でたらめに走らせて正面衝突、脱線させてみたりとかして遊べます。結構広い。種類も豊富。好きな子はたまらんですよ。

娘はプラレールというか「トーマスだね!トーマスだね!」という喜び方です。そうだね、トーマスだね。

シルバニアファミリー館。ウサギを椅子に座らせてあげてる
シルバニアファミリー館。ウサギを椅子に座らせてあげてる

続いて一転して女の子ゾーン、シルバニアファミリー館。シルバニアなファミリーたちがみっちり詰まった大きなジオラマがあったり、人形遊びができたり。隣接してリカちゃんハウス。素っ裸にされて転がされてるリカちゃんたちがいっぱい。

逆サイドには野球盤や黒ヒゲ、「アンパンマンのあっちむいてほい!」とか市販系玩具で遊べるアクションゲームワールド。懐かしいのも多い。真剣にオセロをやってる大人もいます。

こういうのって、欲しい!買ってくれないと帰らない!と暴れる子に折れて売店で買って帰る親を狙ったショーケースですよね。アクションゲームはともかく、人形遊び系のものはまだ娘にはあまり与えてないんですが、人形をお世話する楽しさみたいなものがいくらか出てきたので買ってあげてもいいのかな。

このページへのコメント