平野啓一郎

平野啓一郎の新刊・近刊情報

  • 平野啓一郎
    2021-05-26
    文藝春秋
    『マチネの終わりに』『ある男』に続く平野啓一郎最新作。母の死の真実を追う一人の男の姿を通して愛と幸福を問う現代文学の最高峰。
  • 平野啓一郎
    2021-04-23
    NHK出版 100分 de 名著
    なぜ金閣なのか。美を破壊する行為が意味するものとは。三島文学に精通する作家・平野啓一郎が、大胆かつ精緻に作品の深層へと迫る。
  • 平野啓一郎/阿部公彦/ロバートキャンベル/ほか
    2021-03-25
    徳間書店
    6人の慧眼が選ぶ、必読の「名場面」集。解説つき。
  • 平野啓一郎/ホリプ
    2020-04-25
    毎日新聞出版
    原作累計50万部超のベストセラー、待望の漫画化。大人のラブストーリーの新定番。万感の完結編!
  • 平野啓一郎/ホリプ
    2019-11-02
    毎日新聞出版
    11月1日から映画公開「マチネの終わりに」の漫画版!切なくて美しい大人の愛の物語をマンガで。
  • 平野啓一郎
    2019-07-17
    講談社 講談社現代新書
    20世紀後半の文化現象は「カッコいい」を通じて初めて理解できる。それについて考えることは、いかに生きるべきかを考えることだ!
  • 平野啓一郎
    2019-06-06
    文藝春秋 文春文庫
    天才クラシックギタリスト・蒔野聡史と、国際ジャーナリスト・小峰洋子。 四十代に差し掛かった二人の美しくも切ない恋。平野啓一郎が送る大人のベロ...
  • 平野啓一郎
    2019-06-05
    PHP研究所 PHP文庫
    作家が読むと、本はこんなに面白くなる!速読コンプレックスを持っていたという著者が読書法について実践的な手法を綴った一冊。
  • 平野啓一郎
    2018-09-29
    キノブックス
    森鴎外、谷崎潤一郎、三島由紀夫、ドナルド・キーン、澁澤龍彦、林京子、瀬戸内寂聴、大江健三郎、古井由吉、ハンナ・アーレント、レジス・ドブレ、中...
  • 平野啓一郎
    2018-09-28
    文藝春秋
    彼女の夫は「大祐」ではなかった。夫であったはずの男は、まったく違う人物であった…。平成の終わりに世に問う、衝撃の長編小説。
  • 平野啓一郎/飯田橋文学会/高橋源一郎/ほか
    2017-11-14
    東京大学出版会
    小説家たちは、なにを書いてきたのか。珠玉のインタヴュー集、かつ良質なブックガイド。
  • 平野啓一郎
    2017-06-15
    ベストセラーズ ベスト新書
    人工知能、自動運転、ドローン、ビッグデータとレコメンド機能…技術の進化によって、私たちの生活からは「自分で選択する機会」が失われつつある。人...
  • 平野啓一郎
    2016-12-24
    新潮社 新潮文庫
    異国の深夜、監禁下で「愛」を強いられた男女の数奇な運命を辿る表題作を始め、孤独な現代人の悲喜劇を官能的に描く傑作短編集。
  • 大谷ノブ彦/平野啓一郎
    2016-10-10
    KADOKAWA 角川新書
    変えられるのは未来だけじゃない。芸人と作家が語り合う異色対談!
  • 平野啓一郎
    2016-04-15
    毎日新聞出版
    結婚した相手は、人生最愛の人ですか?ただ愛する人と一緒にいたかった。なぜ別れなければならなかったのか。恋の仕方を忘れた大人に贈る恋愛小説。
  • 平野啓一郎
    2015-11-13
    講談社 講談社文庫
    「復生」して愛する家族の元に戻った土屋徹生は、自分が3年前に死んだ原因を探っていくが……。現代人の幸福の意味を問う傑作長編。
  • 平野啓一郎
    2015-11-13
    講談社 講談社文庫
    ある日勤務先で目覚めた土屋徹生は、自分が3年前に死亡したことを知らされる。死因は「自殺」。現代人の幸福の意味を問う傑作長編。
  • 平野啓一郎
    2014-09-23
    講談社
    社会を動かす「生命力」は、どこへ向かうのか?今、自分らしく幸福に生きるとはどういうことか?未来を考えるためのエッセイ&対談集
  • 平野啓一郎
    2014-06-30
    新潮社
    僕たちの運命は、どうしてこんなに切なくすれ違ってしまうのかー美しく官能的な悲劇を描く表題作はじめ、最新傑作小説6篇。
  • 平野啓一郎
    2013-12-14
    音楽之友社
    著者の小説『葬送』の取材メモを元に、ショパンにまつわる人間関係や場所などをひも解く。著者のポーランド取材記や曲目解説も。<…
  • 平野啓一郎/森村泰昌
    2013-10
    日本経済新聞出版社
    小説家が美術展を、美術家が映画を、毎月1本選び、同じ新聞紙面でレビューをたたかわせる。異なるジャンルの表現の先端に触れ、その可能性と限界にま...
  • 平野啓一郎
    2013-09
    中央公論新社 中公文庫
    事故による大怪我で片足を失った女優と、その義足を作ることになったデザイナー。しだいに心を通わせていく二人の前に立ちはだかる絶望、誤解、嫉妬…...
  • 平野啓一郎
    2012-11-27
    講談社
    自殺から「生き返った」会社員が、自らの死因を追求して辿りついた真相とは・・・?現代の生と死、そして幸福の意味を問う衝撃作!
  • 平野啓一郎
    2012-09-14
    講談社 講談社現代新書
    分割不可能な個人として生きるから苦しくなる。これからは分人だ! 作家・平野啓一郎が考える新しい人間理解のすすめ。
  • 平野啓一郎
    2012-05-15
    講談社 講談社文庫
    人類で初めて火星に降り立ち、世界的ヒーローとなった佐野明日人。その航行中何が起きたのか?Bunkamuraドゥマゴ文学賞受賞
  • Wilde,Oscar/平野啓一郎/ワイルドオスカ
    2012-04
    光文社 光文社古典新訳文庫
    妖しい月光の下、継父ヘロデ王の御前で艶やかに舞ってみせた王女サロメが褒美に求めたものは、囚われの美しき預言者ヨカナーンの首だった-少女の無垢...
  • 平野啓一郎
    2011-06
    新潮社 新潮文庫
    地方都市で妻子と平凡な暮らしを送るサラリーマン沢野良介は、東京に住むエリート公務員の兄・崇と、自分の人生への違和感をネットの匿名日記に残して...
  • 平野啓一郎
    2011-05-30
    新潮社 新潮文庫
    戦慄のバラバラ殺人ー汚れた言葉とともに全国で発見される沢野良介の四肢に、生きる者たちはあらゆる感情を奪われ立ちすくむ。悲劇はネットとマスコミ...
  • 伊東豊雄/小池一子/平野啓一郎/ほか
    2011-03
    六耀社
    六〇年代後半から日本のインテリアデザインを牽引していった倉俣史朗。彼はデザイナーとしての強い信念を持ち続け、トップランナーであるがゆえの孤独...
  • 平野啓一郎
    2010-12-29
    新潮社 新潮文庫
    錬金術の秘蹟、金色に輝く両性具有者、崩れゆく中世キリスト教世界を貫く異界の光…。華麗な筆致と壮大な文学的探求で、芥川賞を当時最年少受賞した衝...