鹿児島神宮

日向山の麓、鹿児島空港に近い大隅国の一の宮、鹿児島神宮。大隅正八幡宮とも呼ばれます。天津日高彦穂々出見尊(山幸彦)、豊玉比売命などを祀っています。天津日高彦穂々出見尊が暮らした居宮、高千穂宮の跡地ともされますが、正確な縁起は不明です。

神社奥には神武天皇の出産の地ともいわれる石躯神社があり、安産・子授けのご神徳で知られています。

毎年旧暦正月18日の次の日曜に行われる初午祭は、全国でも珍しい「鈴かけ馬踊り」で、多くの人出があります。

名称
鹿児島神宮(かごしまじんぐう)
所在地
鹿児島県霧島市隼人町内2496-1
営業時間
境内自由
料金
無料
公共交通
東九州道 隼人西ICから5分
サイト
鹿児島県観光連盟

鹿児島神宮周辺の温泉・宿泊施設

パワースポットのパワーをよりいっそう吸収するにはあわせて温泉に立ち寄るのが効果的。鹿児島神宮に近い温泉なら、隼人駅の反対側にあるホテル京セラは「南霧島国分・隼人温泉」を引いています。温泉大浴場は日帰りでも利用できます。

周辺のおすすめ温泉宿

周辺の日帰り温泉

鹿児島神宮の関連アイテム

鹿児島県薩摩地方(鹿児島)の天気予報

鹿児島のパワースポット