中島らも

中島らもプロフィール&ガイド

中島らも(なかじまらも)―1952年生まれ。2004年死去。兵庫県尼崎市出身。小説家、劇作家。

広告代理店に勤めるコピーライターから作家へ。劇団「笑殺軍団リリパットアーミー」を主宰し、俳優としても活動。

1992年『今夜、すべてのバーで』で第13回吉川英治文学新人賞、1994年『ガダラの豚』で第47回日本推理作家協会賞(長編部門)受賞。

アルコール依存症という体験を文学にしようとした変わった人。アル中の主人公がこんなに活躍する話はこれまでなかったはず。『今夜、すべてのバーで』は闘病記のような小説です。よい子のみんなはクスリやっちゃだめですよ。

関連作家・似てるかも作家:高野秀行 伊坂幸太郎 大槻ケンヂ 中島美代子 青井硝子 中島さなえ ウィリアム・バロウズ 志茂田景樹 藤本義一 田中小実昌

中島らもおすすめ本ベスト

  1. 『今夜、すべてのバーで』表紙
    酒で肝臓をやって入院するアル中の男が、冴え冴えした病室で見つける生き方。実体験が元になってるとはいえ「口は悪いが誰より熱い医者」など舞台装置は周到にすぎる。それでも「依存」の在処を探る手つきは確かだ。
    文学(小説)

中島らもレビュー一覧(6冊)

  1. 『バンド・オブ・ザ・ナイト』表紙
    ロックバンドの話もあるのだが、ここでは「周波数」のバンドか? 脳内周波数狂いすぎです。クスリでトンでる描写が延々続き、ジャンキーの視覚を体験できるが、イメージ横溢しすぎ文字だけ追ってることもたびたび。
    文学(小説)
  2. 『とらちゃん的日常』表紙
    装幀どおりに猫が走り回るエッセイには違いないのだが、バンドに劇団に幻覚キノコで泥のような生活だったり。逆に言えば写真豊富で和めるのが清涼剤にはなる。甘えたがり遊びたがりが絵から伝わって頬も緩みますね。
    文学(エッセイ)

中島らもの新刊・近刊

  • 平凡社/夏目漱石、谷崎潤一郎、石井桃子、佐野洋子、中島らも、水木しげるほか『作家と猫』表紙
    平凡社/夏目漱石、谷崎潤一郎、石井桃子、佐野洋子、中島らも、水木しげるほか
    2021-03-05
    平凡社
    昭和の文豪から現代の人気作家まで、49名によるエッセイ、漫画、写真資料を収録。笑いあり、涙ありの猫づくしアンソロジー!
  • 中島らも『今夜、すべてのバーで 〈新装版〉』表紙
    中島らも
    2020-12-15
    講談社 講談社文庫
    講談社文庫創刊50周年記念、新装版
  • 中島らも『世界で一番美しい病気』表紙
    中島らも
    2018-02-18
    角川春樹事務所 ハルキ文庫
    FOREVER DRIVE
    1 初恋とほほ篇(よこしまな初恋
    人はいつイクべきか!?
    島原の乱 ほか)
    2 恋愛の行...