清水義範/西原理恵子『どうころんでも社会科』

現代文学100字レビュー

作品情報

清水義範/西原理恵子『どうころんでも社会科』の表紙画像
タイトル
どうころんでも社会科
かな
どうころんでもしゃかいか
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
知多半島はそんなに田舎か / リアス式海岸とは何か / ダムとコンビナート (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
西原画伯とのコンビ第三弾、理科から社会へ。地理歴史政治経済と全部入っている。社会科はこんなにおもしろいんだよ、という本なのだが、単なる紀行エッセイだったりする。西原の漫画のほうがためになったりもする。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント