清水義範/西原理恵子『もっとどうころんでも社会科』

現代文学100字レビュー

作品情報

清水義範/西原理恵子『もっとどうころんでも社会科』の表紙画像
タイトル
もっとどうころんでも社会科
かな
もっとどうころんでもしゃかいか
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
それにつけても土地のほしさよ / ニッポンよニッポン、あーあニッポン / 思えば何でも食うもんだ (ほか)
評価
★★★☆☆
レビュー
しつこくも二冊目の社会科。西原の漫画のほうが面白かったりするのも相変わらず。土地問題や忠臣蔵から最終回は「家族」というお得意のテーマで落とし前。しかしすでに算数の雑誌連載が始まっていたりするのである。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント