清水義範/西原理恵子『飛びすぎる教室 ― 先生の雑談風に

現代文学100字レビュー

作品情報

清水義範/西原理恵子『飛びすぎる教室』の表紙画像
タイトル
飛びすぎる教室
かな
とびすぎるきょうしつ
副題
先生の雑談風に
著者
NDC
914 文学>日本文学>評論 エッセイ 随筆
目次
第1話 文明の自己紹介(歴史の話) / 第2話 食べ方は生きる知恵(料理の話) / 第3話 見たことありますか(幽霊の話) (ほか)
所要
2時間50分
評価
★★★☆☆
レビュー
授業の合間に先生がしてくれた雑談が「総合的学習」になってたりするんだという趣旨。受験とは無関係に歴史や宇宙に思いを馳せるのは楽しい事だから。でもこんな風に聖書と天使の話を力説する教師は問題にされるか。

商品詳細&購入情報

このページへのコメント