町田康『ゴランノスポン』

現代文学100字レビュー

作品情報

町田康『ゴランノスポン』の表紙画像
タイトル
ゴランノスポン
かな
ごらんのすぽん
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
楠木正成 / ゴランノスポン / 一般の魔力 (ほか)
所要
2時間20分
評価
★★★☆☆
レビュー
発表年に幅があることから、ワザもまちまちの短編集。根拠のない多幸感とその裏側の汚泥、って時代の炙り方は町田節だが、「どこに連れて行かれるのか」という不安がもっとほしい。その意味では「先生」はよかった。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント