吉田修一『キャンセルされた街の案内』

現代文学100字レビュー

作品情報

吉田修一『キャンセルされた街の案内』の表紙画像
タイトル
キャンセルされた街の案内
かな
きゃんせるされたまちのあんない
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
日々の春 / 零下五度 / 台風一過 (ほか)
所要
2時間20分
評価
★★☆☆☆
レビュー
淡々とした日常を切り取った短編集で、心理描写は丁寧で適切、著者らしい風景が並ぶのだが地味。「軍艦島でヌード撮影」さえ「そんなこともあった」忘れていい記憶の泡だ。もっと企みを見せてほしいなと消化不良に。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント