宮本輝『花の回廊 ― 流転の海 第5部

現代文学100字レビュー

作品情報

宮本輝『花の回廊』の表紙画像
タイトル
花の回廊
かな
はなのかいろう
副題
流転の海 第5部
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
花の回廊
所要
5時間
評価
★★★☆☆
レビュー
少年伸仁に著者を投影した自伝的小説第五部。伸仁は尼崎の貧乏アパートで大勢の朝鮮人と暮らし、いろんな問題に巻きこまれる。熊吾の事業も動き出すんだが、後の成長に影響するだろうアパートの魔窟ぶりが主役の座。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント