中上健次『蛇淫』

現代文学100字レビュー

作品情報

中上健次『蛇淫』の表紙画像
タイトル
蛇淫
かな
じゃいん
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
蛇淫 / 荒くれ / 水の家 (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
暴力と性が横溢する短編集。無頼であるのに生活臭がじっとりとまとわりついて、その物語湿度は土地に縛り付けられた者たちの自慰のように哀しい。つややかでかつ土俗的な文章は初期にあってすでに天才を感じさせる。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント