中上健次『十八歳、海へ』

現代文学100字レビュー

作品情報

中上健次『十八歳、海へ』の表紙画像
タイトル
十八歳、海へ
かな
じゅうはっさいうみへ
著者
NDC
913 文学>日本文学>小説 物語
目次
十八歳 / JAZZ / 隆男と美津子 (ほか)
評価
★★★★☆
レビュー
著者が若い頃の作品を収録した短編集。若者の屈折したエネルギーという原風景。「海へ」の詩的な抒情世界など、「文学」を模索する技巧が衝動を抑圧している。以後の土俗的な力強さを予見させつつもスタイリッシュ。
舞台

商品詳細&購入情報

このページへのコメント