利尻島 - 椎名誠『モヤシ』

物語の舞台 - 利尻島(北海道 利尻郡利尻町)

利尻島で一番の観光名所はオタドマリ沼から利尻富士を眺める場所だという。そのことは島の観光地図に大きく書いてあるし、宿の主人もそう言っていたからとにかくそこを目指すことにした。

バッグの中でカイワレを育てながら、北海道の旅。利尻島へ。

作中にも言及されてるけど、オタドマリ沼から眺める利尻富士は、北海道土産として知られる菓子「白い恋人」のパッケージにもなってるとのことで。

んー、どんなパッケージだっけ。

白い恋人パッケージのハートマークに入ってる山がそれですよね?

掲載日:2006-04-02
利尻島イメージ
※写真はイメージです。地図もイメージであり、写真撮影地点や物語の舞台の特定を意図したものではありません。

図書情報

利尻島について

利尻島(りしりとう)は、北海道の北部、日本海上に存在するほぼ円形の島である。面積182.11km2。日本の島嶼部で18番目に広い面積を有している。島内には利尻富士町と利尻町の自治体があり、『平成22年住民台帳人口・世帯数』における島の総人口は約5,400人である。北には礼文水道を挟み礼文島を望む。


[概要]

地名の語源はアイヌ語のリ・シㇼ(高い・島)。その名のごとく、利尻山(利尻富士、利尻岳とも)を主体とした火山島である。利尻山には高山植物がたくさん分布している。有史以来火山活動の記録は無い。島の東半は利尻富士町

エリア一覧