通天閣 - 川上弘美『ニシノユキヒコの恋と冒険』

物語の舞台 - 通天閣(大阪府 大阪市浪速区)

外に出ると、小雪がちらついていた。通天閣にはビリケン像があってさ。足の裏を撫でてあげると、あらゆる願いをかなえてくれるんだよ。ニシノは前を向いたまま、言った。ビリケンて、あの頭のとがったひと?

「通天閣」より。

大阪を代表する建物のひとつ通天閣。小説中でも触れられますが、初代は凱旋門の上にエッフェル塔が乗ってるような形だったとか。コンセプトの分からないながら、分からないなりのパワーを発揮する。

ビリケンも、そのまがい物っぽさが妙にあのエリアにはまりますね。頭のとがったひと。まぁ確かにそのままですけど。足の裏はみんなで撫でるもんだから削れてえぐれてます。なんて辛抱強い神。

周辺の新世界は、デンジャラスなゾーンだった昔は遠く、大阪観光スポットとして知られる。昭和レトロを感じながら串かつを食べよう。って僕も最近初めて行ったばかり。串かつうまかったよ。

掲載日:2006-11-19
※写真はイメージです。地図もイメージであり、写真撮影地点や物語の舞台の特定を意図したものではありません。

図書情報

通天閣について

通天閣(つうてんかく)は、大阪府大阪市浪速区の新世界中心部に建つ展望塔である。2007年5月15日に、国の登録有形文化財となった。公式キャラクターは「ビリケン」。大阪の観光名所並びにシンボルタワーとして知られる。


[設計・構造]

  • 本体:鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造)
    • 塔高:地上108 m
    • 幅:24 m
    • 脚間:24 m
    • 重量:1000トン
  • 展望台:鉄骨鉄筋コンクート造(周囲ガラス張り2階建て)
    • 高さ:4階床まで84 m、5階床まで87

エリア一覧